長く使えないがん保険に注意しましょう。がん保険を選ぶポイントは2つあります。

いろいろな保険のジャンルの中で、がん保険には要注意です。

がん保険には、問題のある商品が多い

各社のがん保険を調べていると、がん治療の現状を踏まえた保障が増えています。一見して、実用性の高い保険商品のように見えます。しかし、そこに落とし穴があります。

現状を踏まえた保障内容ということは、時代が進めば風化してしまいます。そうなったら、また最新のがん保険に入ればよい、ということでしょうか?

しかし、がん保険は、死亡保険や医療保険と同じく、年齢が上がってから入りなおすと、保険料は高くなります。それどころか、健康状態によっては、加入を断られることもあります。

だから、今回選んだがん保険を、一生涯継続することになるかもしれません。そういう心づもりで、加入するがん保険を判断しなければなりません。

2つの留意点

具体的には、以下の2点に留意して、ご検討ください。

  • 入院のときは当然として、通院のときも、十分な給付を受けられる商品を選ぶ。
  • 特定の治療方法に左右されない商品を選ぶ。

まず、医療技術の進歩にともない、通院で治療に取り組む患者の割合が高くなっています。しかも、年々増えつつあります。
入院でも通院でも、十分な給付を受けられる保険を選びたいです。

また、同じ理由(=がんの分野は医療技術の進歩が活発)から、現在の治療法に改善が加えられるでしょうし、新たな治療法が主流になるかもしれません。

加入したがん保険が、いつのまにか時代遅れに・・・ということかせないように、ご注意ください。

シンプルであるがゆえに、使い勝手が良く、長く付き合えそうながん保険。
FWD富士生命  がんベスト・ゴールドα

長く付き合えそうなタイプの一つが、一時給付金(まとまった金額が一度に出る)をメインとするがん保険です。
というのは、一時金給付金は、通院・入院や治療法に左右されず、いろんな目的に使うことができるからです。

このタイプの商品はいろいろとありますが、もっとも長持ちしそうなのがこちらです。

FWD富士生命『がんベスト・ゴールドα』の魅力

がんと診断が確定されたときに、100~300万円を受け取ることができます。

しかも、再発・転移があれば当然のこと、それらがなくても、治療継続中であれば、2年ごとに一時給付金が出ます。
とても融通の利くがん保険です。

保険料の価格設定が比較的リーズナブルである点も、お勧めする理由です。

同じタイプのお勧めしにくい商品

同じ一時金給付金タイプでも、以下の商品はお勧めしにくいです。なぜなら、一時給付金が出る条件が、現時点での医療技術を前提としているからです。
これでは、今後の医療技術の進歩に、柔軟に対応できません。

医療の現状を商品の仕組みに反映させたがん保険は、一見して進歩的な見えます。しかし、古くなるのも早いです・・・

メットライフ生命『ガードエックス』

一時給付金が出る条件は、末期と診断されるか、所定の手術・放射線治療・抗がん剤治療のいずれかを受けることです。

現時点で、手術・放射線治療・抗がん剤治療は3大治療とされています。しかし、10年後20年後には、新たな治療法がこれに加わるかもしれません。そうなったとしても、この商品では対応できません。

チューリッヒ生命『終身ガン治療保険プレミアム』

放射線治療か、抗がん剤か、ホルモン剤治療を受けると、月単位で所定の給付金を受け取ることができます。特約を付けると、手術も給付の対象になります。

メットライフ生命『ガードエックス』と比べると、ホルモン剤治療が対象に入っている分、使い勝手は向上しています。

しかし、長い目で見ると、メットライフ生命『ガードエックス』と同じく、時代の流れに取り残されてしまいそうです。

入院1日あたり○○○○円というタイプのがん保険なら、こちら
オリックス生命  Blieve(ビリーブ)

オリックス生命『Blieve(ビリーブ)』は、上と同じ一時給付金の仕組みに加えて、入院給付金が入院日数分出ます。

別に医療保険などに加入しているときは、そちらから入院給付金が出ます。がん保険に入院給付金は必要ありません。
しかし、他に医療保険などに加入しないなら、入院給付金は欲しいです。

ちなみに、上でお勧めしたFWD富士生命『がんベスト・ゴールドα』には、がん入院・手術特約があります。この特約を付けると、入院給付金が出るようになります。

この両者をぜひ比較してください。

がんだけでなく、七大生活習慣病にそなえたいなら、こちら
朝日生命  スマイルセブン

日本人にとって恐ろしい病気はがんだけではありません。
がんに、急性心筋梗塞・脳卒中を加えて、三大疾病と呼ばれています。日本人の死因の1位、2位、4位を占めています。

その三大疾病に、糖尿病・高血圧症・慢性腎不全・肝硬変の4つを加えて、七大生活習慣病(七大生活習慣病)と呼ばれています。この4つは、その一つ一つが危険であるだけでなく、他の病気の原因になりやすい病気でもあります。

がんだけでなく、七大生活習慣病全体に備えるなら、朝日生命『スマイルセブン』がお勧めです。
がんなら診断確定で、急性心筋梗塞・脳卒中は入院か手術で、その他の4つの病気は所定の要件を充たしたら、一時給付金を受け取ることができます。

伝統的な生保である朝日生命の商品ということで、保険料が気になるかもしれません。しかし、保険ショップや代理店や通販で販売するために開発された商品なので、価格設定は手ごろです。
カバーする病気が多いので、がん保険よりは高くなりますが・・・

がん保険のことは、家計の専門家に相談しましょう。

日本人の二人に一人がかかり、三人に一人はそれで亡くなる、というのががんという病気です。それだけに、手厚い保障を準備したいです。

しかし、かかる人が多い重病とは、保険会社にすれば、保険金・給付金の支払いが多い病気です。そういう病気のための保険ですから、保障を手厚くすると、保険料もそれなりに上がります。
見積もりを見比べながら、加入する商品を選び、保障内容を決めてください。

また、保障内容を検討するにあたっては、がん治療の実際をある程度知っておく必要があります。標準的な入院日数や治療費、健康保険や高額療養費制度の仕組みなどなど。
専門家に相談しながら、検討を進めるのが効率的です。

しかし、 どうすれば家計の専門家に相談できるのでしょうか!?

意外と簡単に、しかも無料で、家計の専門家に相談する方法があります。
詳しいことは

を、ご覧ください。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。