とにかく保険料の安さを求めるなら
ソニー生命  バリアブルライフ(終身型)

『バリアブルライフ』は、変額終身保険という特殊な終身保険です。
気になるのは、名称にある"変額"という言葉です。何の金額が変動するのでしょうか?

死亡保険金をもらうだけなら、変額のリスクなし

変額終身保険の特徴をはっきりさせるために、普通の終身保険との違いを、ご覧いただきましょう。
終身保険に登場する金額は、保険料、死亡保険金、解約返戻金の3つです。それぞれが変化するのかしないのか、をまとめました。

普通の
終身保険
変額
終身保険
保険料 変化しない。
死亡保険金 無配当は変化しない。有配当なら、増える可能性あり。 増えるかもしれないが、減ることはない。
解約返戻金 無配当は変化しない。有配当なら、増える可能性あり。 増えるかもしれないし、減るかもしれない。

一般の医療保険と比べたときの、変額終身保険のリスクは、解約返戻金が減るかもしれない、というところです。保険会社の資産運用の成績によって、増えるかもしれないし、減るかもしれません。

そのほかの点でリスクはありません。つまり、死んだときに保険金を受け取るという、終身保険本来の目的で使うのであれば、"変額"という言葉を気にすることはありません。

有配当タイプは保険料が高い

ところで、上の表を見ると、有配当の終身保険が、最もおトクに見えるかもしれません。しかし、同じ保障内容だと、無配当より有配当の方が、保険料が高くなります。保険料の高さに見合うほど、配当をもらえるという保証はありません。
だから、一概に有配当がおトクとは限りません。

保険会社の資産運用によっては、解約返戻金アップも

保険には、昔から"有配当"というタイプがあります。これは、保険会社の資産運用が、予定よりうまくいったときに、配当金がもらえる、というものです。
わたしたち加入者に、リスクはありません。そのかわり、配当金の金額も小さいです。特に、長く低金利が続く昨今では。

これに対して"変額"は、もっと大胆に資産運用するので、うまくいけば"有配当"より大きく増えます。
ただし、うまくいかなければ、そのリスクを、わた したち加入者が負うことになります(=解約返戻金が減ります)。

『バリアブルライフ』の保険料の安さ

変額終身保険だから保険料が安い、ということではありません。『バリアブルライフ』の保険料が安いのです。
実際に、保険料が安い他のカタカナ系・損保系の終身保険と比べてみましょう。

男性が、死亡保険金500万円の終身保険に加入して、65歳で保険料を支払うとします。そのときの毎月の保険料を、加入する年齢別に計算しました。

30歳男性 40歳男性 50歳男性
バリアブルライフ
(ソニー生命)
7,620円 11,750円 21,965円
こだわり終身保険v2
(マニュライフ生命)
8,165円 12,305円 22,120円
RISE
(オリックス生命)
8,150円 12,385円 22,525円

比較した2つの終身保険も、業界最安値クラスなのですが、『バリアブルライフ』にはかないません。

こんな方たちにお勧めします

ソニー生命『バリアブルライフ』を、以下のような条件に当てはまる方に、お勧めします。

  • とにかく安い保険料で終身保険に入りたい。
  • 途中で解約するつもりはない。
  • 死亡保険金を確保しながら、投資の結果を楽しみに待ちたい。

貯金と保障を、手堅く安全に両立させるなら、この2つを候補に加えてください。
オリックス生命  RISE

マニュライフ生命  こだわり終身v2

これらの終身保険に共通する特長は、以下の点です。

  • 保険料が手ごろである。
  • 保険料払い込み期間後に解約すると、払い込んだ保険料が増えて戻ってくる。
  • 解約しなければ、約束通りの死亡保障を受けることができる。

ただし、マニュライフ生命『こだわり終身v2』は、通常の保険料は、そんなにおトクではありません。

ところが、非喫煙者なら、非喫煙者保険料率が適用されて、保険料が割引になります。
そして、割引が適用になったら、終身保険としてはトップレベルの安さになります。

よって、喫煙される方は、『こだわり終身v2』は初めから検討の対象外にしてよいでしょう。喫煙されない方には、ぜひ候補に加えていただきたい商品です。

評判の悪い終身保険
大手生保各社  アカウント型保険
かんぽ生命  新ながいきくん

経済誌、マネー誌といった雑誌の保険特集を読む限り、この3つは評判が良くありません。それぞれについて、よく指摘されていることを引用してみます。

アカウント型保険
(大手生保各社)
  • 保険料が高く、実際には貯蓄性を期待できない。
  • 仕組みを複雑にして、保険会社がトクをする仕掛けになっている。
新ながいきくん
(かんぽ生命)
  • かんぽ生命のイメージからすると、保険料が高い。
  • 当たり前のように、入院特約をセットして提案される。

ところで、評判が悪かったせいか、アカウント型保険は減少しています。それでもまだ複数残っていますが、アカウント型という言葉を使わなくなっています。そのために、見分けにくいです。
現在販売されているアカウント型保険は『入ってはいけない生命保険』をご覧ください。

なお、かんぽ生命の『新ながいきくん』の保険料は、カタカナ系・損保系生保より高く、大手生保よりは安い値段設定です。よって、めちゃくちゃ高いということではありません。ただ、かんぽ=保険料(掛金)が安い、というイメージをいまだに持っている人が多いので、雑誌などで悪い意味で取り上げられてしまうのでしょう。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。