奨学金制度と教育ローンについて、それぞれのメリット・デメリットや、使いこなしのコツをご案内します。

奨学金制度とは、経済的理由で就学困難な学生に、お金を貸与または給付する制度です。

奨学金制度は、大きく給付型と貸与型に分けられます。

給付型は、返済不要の奨学金です。一方、貸与型の奨学金は、返済しなければなりません。

給付型は、条件が厳しい上に、小額であるものが多いです。学費の全額または大半を埋めるのは難しいです。

貸与型は、条件が緩やかですし、ある程度大きな金額にも対応してくれます。ただし、大きく借りたら、返済の負担もそれだけ重くなります。

貸与型の奨学金と似たものに、教育ローンがあります。

お金を借りる点では、どちらも同じですが、けっこう重要な違いがあります。

給付奨学金
  • 毎月支給される。
  • 返済不要。
貸与奨学金(無利子)
  • 毎月支給される。
  • 借りる人=返済する人は学生本人。
  • 返済は卒業後から。
  • 有利子型でも、利息が付くのは卒業後。
貸与奨学金(有利子)
教育ローン
  • 借りる人=返済する人は親(保護者)
  • 全額まとめて振り込まれる。

詳しいことは、下で説明しています。

給付型の奨学金は、返済の義務はありませんが、小額なものが多いです。

給付型は、返済不要の奨学金です。

ただし、月に1〜5万円くらいの小額のものが多いです。

また、対象人数が絞られていたり、条件の厳しいものが目につきます。

民間団体や大学独自の奨学金に、給付型が多いです。

財団法人など民間団体の奨学金

たくさんの民間団体が、奨学金制度を運営しています。

単純に経済的に苦しい学生を支援しようとする団体、特定分野の人材育成を目指す団体、有望な人材の取り込みを狙っていると思われる団体など、さまざまです。

ごく一部をご紹介すると・・・

団体名 給付額 特記事項
コカ・コーラ教育・環境財団 月1.5万円 都道府県毎の定員制。
電通育英会 月7万円 高校の推薦と指定大学への進学。
東電記念財団 月5万円 5名程度。博士課程に在学。
トヨタ女性技術者育成基金 借入利息を支援 基金参加企業に入社で返済免除

一番下のトヨタ女性技術者育成基金の奨学金は、工学系専攻の女子学生が対象で、給付内容もユニークです。

在学中の支援は薄いです。金融機関等の教育ローンを利用したときに、利息を支援してくれるだけ。

ただし、基金参加企業に入社すると、借りたお金の元金・利息の全額を肩代わりしてくれます。

また、その他の製造業に就いたときは、元金の半分と利息を肩代わりしてくれます。

有望な女性人材の早期取り込みを狙った仕組みです。

大学がおこなう給付奨学金

少子化が進む中で、国公立・私立の区別なく、独自の奨学金制度を充実させる大学が増えています。

受験生向け奨学金の例ですが・・・

団体名 給付額 特記事項
お茶の水女子大学 1年次30万円、2年次30万円 給付は1・2年のみ。
青山学院大学 年額50万円を4年分 自宅外から通学する者。
近畿大学 年額30万円 1年限り。
神戸女学院大学 入学金及び授業料4年分の半額 入学試験成績優秀者。

近畿大学の受験生向けの奨学金は1年限りですが、在学生向けの奨学金もあります。2年に進むときに申請できます。

なお、ほとんどの大学が、上の民間団体による給付奨学金や、下で説明する貸与奨学金も取り扱っています。

給付奨学金と、他の手段を組み合わせる

上表の大学による給付奨学金は、年額なので大きく見えるかもしれませんが、月額に換算すると、民間団体の金額と大差ありません。

利用できる奨学金制度は多いですが、大きな金額を調達するのは難しいです。

ほとんどの場合、給付奨学金と他の奨学金や教育ローンを併用できます。計画的に準備しましょう。

貸与型の奨学金は、返済しなければなりません。金利はかなり低いですが、慎重に検討しましょう。

貸与型の奨学金は、返済しなければなりません。一見すると、教育ローンに似ています。

しかし、わりと重要な違いが2つあります。

  • 《教育ローン》の借り手は親、《奨学金》の借り手は学生自身。
  • 奨学金は、返済の義務が発生し利息がつくのは卒業後。

以下、奨学金最大手、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金制度をモデルに、説明を進めます。

教育ローンの借り手は親、奨学金の借り手は学生

金融機関等からお金を借りるには、原則として、収入や勤続年数などの条件をクリアしなければなりません。

18歳くらいの普通の受験生には、その条件をクリアできません。

教育ローンはこの原則を踏まえています。融資を受けられるのは、学生本人ではなく親(保護者)です。

もちろん、返済するのも親(保護者)です。

一方、貸与奨学金は、受験生(学生)本人に貸与されます。

借りたお金を返済するのも学生本人です。

日本国際教育支援協会が連帯保証するので、親(保護者)が連帯保証人・保証人になる必要はありません。

ただし、日本国際教育支援協会を利用すると、保証料がかかります。親(保護者)が連帯保証人になれば、これを回避できます。

返済の義務が発生し、利息がつくのは卒業後

貸与奨学金は、学生本人が返済する前提なので、返済開始は卒業後です。具体的には、卒業後7ヶ月が経過した時点でスタートします。

なお、無利子型と有利子型があります(借りるときにどちらの型か決まります)。有利子型でも、利息が付くのは卒業後です。在学中は無利息です。

利率は、奨学金の貸与が終わった時点で決まりますが、たとえば2018年度は0.14〜0.33%の範囲で推移しています。

この金利は、教育ローンよりかなり低いです。

ちなみに、日本政策金融公庫『国の教育ローン』の2019年6月現在の利率は1.71%です。これでも、他のローンに比べると、金利は低いです。

教育ローンでも、返済開始を卒業後にできます。それでも、利息は融資の直後から加算されます。

奨学金と教育ローンを組み合わせる

奨学金の場合、もらえる金額がもっとも大きいのは、貸与奨学金有利子型(第二種)の月120,000円です(ただし、医歯薬系の学生は、増額できます)。

人によっては、これでも足りないかもしれません。

また、大学の学費は、通常、前期分と後期分の2回払い込みます。払い込むときに、まとまった金額が必要になります。

奨学金は毎月の振り込みなので、タイミングが悪くと、払い切れないかもしれません。

対策として、複数の奨学金の併用や、教育ローンとの併用が可能です。

給付奨学金は、通常は、他の奨学金との併用可能です。教育ローンとの併用もできます。

返済の義務がないので、他と組み合わせやすいです。

一方、貸与奨学金は、他と併用できないことがあります。返済額が大きくなると、危険だからです。

ただし、門前払いされることはありません。

日本学生支援機構は、他の貸与奨学金との併用を原則認めています。

また、日本政策金融公庫は、教育ローンと貸与奨学金との併用を原則認めています。

教育ローンは、奨学金より金利は高いけれど、いろんな使い方ができて、融通は効きます。

教育ローンの中では、政府系の日本政策金融公庫『国の教育ローン』がよく知られています。

この他にも、たくさんの金融機関が、教育ローンを提供しています。

金利の面では、貸与奨学金より高いです。ただし、奨学金にはない利便性の良さがあります。

貸与奨学金と教育ローンの主な違い

日本学生支援機構の貸与奨学金と日本政策金融公庫『国の教育ローン』を例に、両者の主な相違点を、下表に整理しました。

貸与奨学金 教育ローン
借りる人 学生本人 保護者等
借りられる条件 保護者の収入が一定額以下 保護者の収入が一定額以上
お金のもらい方 在学中に毎月振込 契約成立後に一括で
返済 卒業後 原則、借り入れた翌月から
利息(年利) 0.1〜0.3%(無利息もある) 1.7〜1.8%
利息はいつから 卒業後(在学中無利息) 借入と同時に

表の利息は固定金利ですが、他の方式も用意されていて、選べます。

奨学金と教育ローンの違いや使い分けについて、特に意識してほしいことを、以下で補足説明します。

奨学金はスケジュールに縛られるが、教育ローンは柔軟

奨学金の申し込みは、決められた申請スケジュールに則って手続きしなければなりません。

たとえば、大学入学前に奨学金を申請するなら(予約採用の申請)、以下のルールに縛られます。

  • 入学前年(高校3年とか)の7〜8月に申し込む。手続きは、全て学校を通しておこなう。
  • 12〜1月に、仮の決定通知が配布される。
  • 大学入学後に、進学届を提出する。
  • 奨学金の振込開始(進学届をすぐに出せば、4〜6月頃)。

これ自体無理のあるスケジュールではありません。とは言え、急な状況の変化には対応できません。

また、初回の奨学金振込は入学後の春なので、入学金や前期授業料等の納入期限には間に合いません。

一方、教育ローンは、受験前、合格前を含めて、いつでも申し込みできます。インターネットや郵送による申し込みもできます。

ただし、申し込んでからお金が振り込まれるまでに、多少の日数を要します。

たとえば、日本政策金融公庫『国の教育ローン』に申し込むと・・・

  • 審査結果が出るまでに10日前後
  • お金が振り込まれるまでに10日前後

かかります。つまり、合わせて20日前後かかります。

教育ローンは、お金を柔軟に使える

奨学金は、毎月定額で振り込まれます。

ところが、大学でかかる費用は、毎月発生するものばかりではありません。むしろ、家賃や生活にかかる費用以外は、不定期であることが多いです。

学費自体、前期・後期の年2回の納入が一般的です。

教育ローンなら、借りた金額が、一括で振り込まれます。いつ、いくら使うかを、自由に決めることができます。

また、金融機関の教育ローンの中には、限度額の範囲内なら、必要なときに必要なだけ借りられるものも登場しています。

返済の義務を負うのを、親にするか子にするか

教育ローンは、一般的な融資と同じく、返済能力のある大人でないと、借りることができません。

お金は子どものために使うとしても、借りるのも、返済の義務を負うのも親(保護者)です。

それに対して、奨学金の借り手は学生本人です。

申請するときに、親の収入などを申告しますが、それは審査で家庭の経済力をチェックするためです。

貸与奨学金で、法的に返済義務を負うのは学生本人です。借りる金額によりますが、15〜20年くらいの間、毎月返済を続けることになります。

金利の損得は重要ですが、誰が返済の法的な責任を負うかも、大きな問題です。

後々あわてることのないように、慎重に検討してください。

学費を借りるより、学資保険などで事前準備するほうがお得です。

貸与奨学金の金利はとても低いですし、無利子のコースもあります。

それでも、子どもが幼い頃から、計画的に貯蓄するほうが、もっとお得です。

3つの教育資金調達方法を比較

貸与奨学金を借りる場合、教育ローンを借りる場合、学資保険で準備する場合の3パターンで、わたしたちの自己負担額を試算しました。

貸与奨学金を借りる場合

日本学生支援機構から貸与奨学金を総額200万円受け取るとします。

年利0.15%で、14年がかりで返済するとき、返済総額は2,022,591円になります。

借りた金額より、22,591円増える計算です。

もし、条件をクリアして、無利子で奨学金をもらえれば、返済総額はぴったり200万円になります。

教育ローン

日本政策金融公庫から、200万円を借りるとします。

年利1.71%で、15年がかりで返済するとき、返済総額は2,375,282円になります。

借りた金額より、375,282円増える計算です。貸与奨学金より、かなり多くなります。

学資保険

ソニー損保の学資保険に、子どもが0歳のときに入って、18年間保険料を払い込み、18歳のときに200万円を一括で受け取るとします。

払い込む保険料の総額は1,908,000円です。

もらえる学資金は、92,000円増えて200万円ジャストです。

できる限り、借りるのではなく、貯めて準備したい

超低金利が長く続いています。お金を貯めようとしても、金利が低すぎて意欲をそがれてしまいます。

それでも、何らかの方法で子どもの学費を準備しなければならないとしたら、お金を借りて返済するより、先に貯めるほうが、お金の節約になります。

今後世の中の金利が上昇すると、奨学金や教育ローンの金利も上がるので、返済額はさらに大きくなります。

仮に、学資保険などで十分な金額を準備できそうになくても、できる範囲で始めましょう。

足りない分を奨学金や教育ローンで補うことにしましょう。

幸い、保険料を払い込む期間と返済期間は重なりません。

学資保険は、教育資金を準備する有力な方法ですが、他にもいくつか方法があります。

教育資金を貯める方法を比較で、御案内しています。

学資保険など教育資金の準備にあたっては、保険の専門家を上手に活用しましょう。

教育資金を貯める方法として、学資保険は代表的ですが、他にもあります。銀行預金、財形貯蓄、個人向け国債、NISAなどなど。

それぞれ仕組みが異なっており、損得の判断基準もいろいろです。

それらを比較して、自分にとってベストな方法を探るには、保険の専門家の活用が必須です。

保険の専門家にはいろいろありますが、お勧めしたいのは、ファイナンシャル・プランナーの資格を持つ保険の専門家です。

ファイナンシャル・プランナーなら、保険以外の金融商品全般について、広く深い知識を持っています。

ただし、保険を専門にしないファイナンシャル・プランナーは、あまりお勧めしません。

彼らは保険の見積書を作成できないので、一般的な相談しかできないからです。

他の金融商品なら、電卓かパソコンがあれば、専門家は見積もりできます。

しかし、保険はそうはいきません。保険会社提供の見積もりシステムを使わないと、正確に見積もれません。

では、どうすれば、そういう保険の専門家に相談できるのでしょうか?

意外と簡単に、しかも無料でできてしまいます。詳しいことは

を、ご覧ください。

 記事の一覧


 ホーム

あなたに必要な保障

生命保険の入り方

終身保険の選び方
収入保障保険の選び方
定期保険の選び方
医療保険の選び方
がん保険の選び方
学資保険の選び方
就業不能保険の選び方

生命保険の見直し方

その他

Twitter

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。