がん保険と、医療保険との使い分け方によって、がん保険に求める要件は異なります。

がん保険の使い方は、以下の3パターンが考えられます。なお、医療保険には、医療の特約を含みます。

  • がん保険だけに加入する。他の医療系の保険は無し。
  • 新たに、医療保険とがん保険の2つに加入する。
  • すでに医療保険に入っていて、新たにがん保険に加入する。

このどれに当てはまるかで、がん保険に求める要件は少し異なります。以下で、ご説明します。

がん保険だけに加入するパターン

身内にがんを患った人が多いので、とくかくがんに備えたい。がん保険だけに入りたい、というようなケースです。

このケースでは、どのがん保険がニーズに合っているか、という検討に意識を集中できます。

しかし、次の2つのケースでは、もっといろいろ考えなければなりません。

新たに、医療保険とがん保険に加入するパターン

最近の医療保険は、がんへの保障が充実しています。医療保険だけでも、がんに備えることができます。

医療保険は、がんへの保障が充実している

例として、オリックス生命の医療保険『新キュア』の、がんへの備えをチェックしてみます。

  • がんの入院は、日数無制限で保障(標準セット)。
  • がん一時金特約または重度三疾病一時金特約を付けると、がんと診断されたときに、一時金が出る。
  • がん通院特約を付けると、がん治療の通院費用が出る(ただし条件あり)。

入院にも通院にも対応できて、自由に使える一時金まであります。一般的には、これだけの保障があれば十分でしょう。

両方に入るなら、がん保険に柔軟性が欲しい

ただ、医療保険の特約と、がん保険を比べたら、がん保険の方がよりきめ細やかです。医療保険にがんの特約を付けないで、医療保険とがん保険の両方に加入する、ということはあり得ます。

がん保険は、その大部分が医療保険に含まれます。だから、両方を組み合わせるなら、医療保険を優先して、足りない部分をがん保険で補うことになりそうです。

医療保険とがん保険は、大部分が重なる。

となると、医療保険に標準装備されている入院給付金(入院日数に応じて出る給付金)などは、がん保険には不要かもしれません。
不要なら、加入者の判断で、自由に取り外せるがん保険が、望ましいです。

ちなみに、入院給付金を外せないがん保険は、けっこうあります。

  • アフラック 新 生きるためのがん保険Days
  • オリックス生命 Believe(ビリーブ)
  • 日本生命 がん医療保険
  • ソニー生命 がん保険終身がん保険がん入院保険
  • チューリッヒ生命 終身ガン治療保険

これらは、候補から外れるかもしれません。

すでに医療保険に入っていて、新たにがん保険に加入するパターン

中には、すでに医療保険(医療の特約を含む)に入っているけれど、がんの保障は手薄だから、そこだけ補強したい、という人がいるかもしれません。

入院給付金は不要かも

医療保険に新規で入り直すと、年齢が増えているので、保険料が大幅に上がるかもしれません。
それより、医療保険をそのままにして、新しくがん保険に入る方が、安上がりなる可能性が高いです。

このケースでも、後から加入するがん保険に、入院給付金はいらないかもしれません。とすると、上で名前を出した商品は候補から外れそうです。

入院保障を手厚くする必要性は低い

ところで、がんを甘く見ることはできませんが、実は、入院1回あたりの入院日数は、そんなに長くありません。というか、むしろ短いです。

よって、がんが心配だからといって、入院給付金を分厚くする必要性は低いです。

以下は、厚生労働省『患者調査』(平成26年)からの引用で、七大生活習慣病の、1入院あたりの入院日数です。

傷病名 入院日数
がん 19.9日
糖尿病 35.5日
高血圧性疾患 60.5日
心疾患 20.3日
脳血管疾患 89.5日
肝疾患 25.8日
腎不全等 37.9日
全入院 31.9日

がんは、七大生活習慣病の中で最も短いだけでなく、全体の平均と比べても、10日以上短いです。
入院費用に関しては、医療保険の入院給付金で、十分に対応できそうです。

保障内容に不安を感じるがん保険を、現在販売されているものから、ピックアップしました。

上で説明した入院給付金の取り扱いを別にして、気になる点がある商品は、以下の通りです。

保険会社・商品名 気になる点
アフラック
新 生きるためのがん保険Days
  • 三大療法を前提にした給付金が多く、将来性に不安。
メットライフ生命
ガードエックス
  • 主契約の一時金が、三大療法を前提にしており、将来性に不安。
日本生命
がん医療保険
  • 手術、放射線治療以外の通院治療では、保障が薄い。
  • 保障内容にしては、保険料が割高。
ソニー生命
がん保険
終身がん保険
がん入院保険
  • 死亡保険金が主契約に組み込まれており、使いにくい。
  • 手術以外の通院治療では、保障が薄い。

ソニー生命のがん保険には、死亡保険金が標準で組み込まれています。

確かに、がんは日本人の死因のトップです。しかし、それ以外の原因で亡くなる可能性は70%以上あります。
以下は、日本人の死因の割合です。(厚生労働省『人口動態調査』2016年)。

2016年の日本人の死因別割合円グラフ

死亡保障には、それ専用の保険があります(定期保険、終身保険、収入保障保険など)。それらで準備する方が、安心だし合理的です。

これ以外の、上表の「気になる点」については、以下で説明します。

この2つのどちらかに当てはまるがん保険は、要注意です。後悔することになるかも・・・

使い勝手が怪しいがん保険には、以下のどちらかの特徴が見られます。

  • 給付金が出る治療法が、限定され過ぎている。
  • 通院による治療のときに、あまり役に立たない。

以下で補足説明します。

給付金が出る治療法が、限定され過ぎ

がん保険を販売している保険会社は、医療保険も販売しています。
医療保険は、どんな病気・ケガで入院しようと、保障されます。もちろん、がんによる入院も保障します。

そうなると、医療保険では行き届かないような、がん保険ならではの保障が必要になります。
そこで、各社のがん保険には、現代の最新のがん治療を踏まえた、きめ細かい工夫が凝らされています。

それ自体は良いことですが、中には、行き過ぎた工夫がデメリットになっている商品があります。

がんには、三大治療があります。手術、放射線治療、抗がん剤治療(化学療法)の3つです。
いくつかのがん保険は、この三大療法を強く意識した商品内容になっています。

しかし、10年、20年とたてば、三大治療に並ぶ有力な治療法が登場しているかもしれません(現在、先進医療の治療法とか)。
今の治療法にこだわり過ぎるがん保険は、そういう変化に柔軟に対応できるか、心配になります。

通院による治療に、あまり役立たない

がんに対する医療技術は急速に進歩しています。現在では、通院でがん治療に取り組むケースが多くなっています。

主ながんの、入院患者と通院患者の割合を、厚生労働省『患者調査』(平成26年)から作成しました。

がんの入院と通院の患者の割合のグラフ

肺がんでは、わずかに入院患者(青)の方が多くなっていますが、それ以外は通院患者数がはっきりと多いです。がん全体でも、通院患者数(ピンク)の方が多いです。

一般論として、通院治療は、入院治療に比べると、短期間のまとまった出費になりにくいです。

ただし、通院だから入院より症状が軽いとは限りません。手術できないほど進行しているために、抗がん剤を投与される、というのはよくあります。
そういうときは、治療が長引くかもしれないし、高額の薬を使うかもしれません。

そんなことを考えると、通院によるがん治療で、頼りにできないがん保険は、敬遠したくなります。


 関連するページ

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。