生命保険や医療保険などを選ぶのには、他の買い物とは異なる、独特の難しさがあります。

生命保険や医療保険の検討には、時間と労力がかかりがちです。保険の仕組みが複雑であること以外にも、検討を難しくする要因がいくつかあります。たとえば・・・

  • 「もし○○○したら・・・」という仮定が多すぎて、客観的に判断しにくい。
  • 起きてほしくない状況をあれこれと想像するのは、気が重い。
  • 保険の種類、保険会社、保険商品の数が多過ぎる。
  • 生命保険の知識だけでなく、家計に関するいろいろな知識(税金、貯蓄、社会福祉制度等々)が必要。
  • 保険料が高そうなので、先々の支払いを考えると、気が重くなる。

保険の専門家にもいろいろある

検討が行き詰まったときに助言してくれる、保険の専門家をうまく活用したいです。とは言え、保険の専門家を選ぶことも、簡単ではありません。

無料で相談できる保険の専門家は、けっこうあります。

  • 保険会社のセールスマン・セールスレディ。
  • 銀行など金融機関の窓口。
  • 保険ショップ
  • 保険専門FP(ファイナンシャル・プランナー)
  • 小規模な保険代理店

FP(ファイナンシャル・プランナー)の有資格者なら、生命保険の仕組みを理解しています。ただし、ふだんから保険販売にたずさわっていないと、商品知識は身につきません。
よって、FPに相談するなら、保険を専門的に取り扱っているFPを選びたいです。

上にあげた専門家の中で、お勧めするのは、保険ショップ保険専門FPです。

保険の専門家を選ぶポイントは2つ

相談する保険の専門家を選ぶときに、意識していただきたいのは、以下の2点です。

取扱保険会社数が多いところ

保険の相談をするときに、まず気になるのが、相手の中立性・公平性です。
残念ながら、上にあげた保険の専門家たちは、保険商品を売る職業なので、100%の中立性・公平性を期待することはできません。

特に、取り扱える保険会社が少ない専門家ほど、かたよる心配があります。
本人の人柄が誠実であろうと、勧める商品にかたよりがありますから。

それに比べると、たくさんの保険会社の商品を取り扱う専門家の方が、他よりは中立性・公平性を期待できそうです。

また、仮に専門家本人にかたよりがあっても、主な保険会社の見積もりを一通り作成してもらえば、自ずから正しい結論にたどり着けます。

取扱保険会社数の多いところに相談して、納得できるまで見積もりしてもらいましょう。

FP本人か、せめてFPがいるところ

一般的には、国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士か、民間資格のCFPまたはAFPに認定されている人を、FP(ファイナンシャル・プランナー)と呼びます。公認の家計のプロです。

生命保険は、家計の一分野に過ぎないので、FPの資格がなくても、販売できます。
とは言え、保険の相談をするなら、その相手はFPの資格保有者であることが望ましいです。せめて、相談員本人はFPでなくても、FPが所属する店舗に相談したいです。

FPの資格があるからと言って、優秀な人材とは限りません。
しかし、生命保険のコンサルティングするのに、FPの資格すら取得していないのは(あるいはFPが所属していないのは)、ちょっと意識が低いです。

相談する相手を選ぶなら、FP資格の有無は、目に見える判断材料になります。

保険ショップ保険専門FPを勧める理由

FPなど専門家の有無と、取り扱える商品数の2つの視点で、保険の専門家それぞれについて、簡単に整理しました。

保険の専門家 FPなど専門家 取扱商品の多さ
保険会社のセールス ×
  • 販売できるのは自社取扱商品のみ。
  • 社内にFPは多数いるが、営業担当者が資格保持者である可能性は低い。
金融機関の窓口
  • 親密な保険会社の商品のみ取り扱う。やや偏っている。
  • 社内にFPは多数いるが、窓口の担当者は、貯蓄型保険に知識がかたよりがち。
保険ショップ
  • 全国チェーンの保険ショップは、主な保険会社の商品を一通り扱う。
  • チェーンや店舗によって、相談員の資格の有無や知識レベルは異なる。
保険専門FP
  • 複数の保険会社の商品を取り扱うが、その数は個人差がある。
  • 全員が、保険の専門知識を持つ、FPの有資格者。
小規模な保険代理店
  • 複数の保険会社の商品を取り扱うが、数は少なく、かたよりがある。
  • FPの有資格者は少ない。

残念ながら、2つとも◎というのはありません。
上のあげた中で、相談相手として期待できそうなのは、保険ショップ保険専門FPの2つです。

調べると、保険ショップのチェーンはいろいろあるし、FPを紹介してくれるサービスも複数あって、どれを利用するか迷うくらいです。

期待できる、お勧めの保険ショップ・チェーン

保険ショップの強みは

取り扱える保険会社数の多さです。
一つのショップで、主な商品の見積もりを一通り比較ができれば、検討を効率的に進められるし、中立性や公平さを期待できます

保険ショップの中でも、取り扱える保険会社数が多いのは、全国展開する規模の大きなチェーンです。

一方、保険ショップに対する不安点は

担当する相談員の質です。店舗によって相談員の質に差がありそうです。

保険ショップの長所を伸ばし、短所を抑える「保険見直し本舗」

そんな全国チェーンの強みを伸ばし、弱みをできる限り抑え込んでいるのが「保険見直し本舗」です。

まず、「保険見直し本舗」の取扱保険会社数は45社と、業界最多です。

そして、全店舗が直営のショップです。

他のチェーンは、フランチャイズの店舗が多いです。
フランチャイズ店とは、本社直営ではなく、チェーンに加盟した法人・個人が経営する店舗です。

フランチャイズは、店舗数を増やしやすい方式なので、保険ショップの本社にとっては都合が良いです。
しかし、取り扱える商品数や相談員の質などで、店舗ごとの差が出やすく、客にとってのメリットは乏しいです。

「保険見直し本舗」は、チェーン全体の品揃えや品質を優先して、全店直営にしています。規模拡大より、サービスの質を重視しているところに、好感を持てます。

近所に「保険見直し本舗」の店舗がないときは、こちらの希望の場所に訪問して相談にのってくれる、訪問相談サービスもやっています。相談料・出張費・交通費はかかりません。

FP紹介サービス

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、家計全般についてアドバイスをおこなう職業です。

一般的には、国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士か、民間資格のCFPまたはAFPに認定されている人を、FPと呼びます。
この他にはFPの資格はありますが、レベルが落ちます。

ところで、FPのすべてが保険に詳しいわけではありません。
FPの資格保持者は、保険の仕組みを理解していますが、商品知識を持っているのは、保険を専門的に取り扱っているFPです。

保険の知識が豊富で、多数の保険会社の商品を取り扱っているFPを見つけるのは、難しそうです。
しかし、そういうFPを紹介してくれるサービスが、いくつかあります。

どのサービスでも良い、というわけではありません。FP紹介サービスによって、提携しているFPの品質や実績に違いがあるようです。

安心してお勧めできるのが、「保険マンモス」です。

店舗がないので、イメージしにくいサービスですが、「保険マンモス」は、2015年に日経BPコンサルティング社が実施した市場アンケート調査で、この種のサービスとして抜群の評価を得ました。

この調査では、16項目のランキングが公表されましたが、そのうち10の項目で、FP紹介サービスの中でトップになりました。
詳しくは日経BPコンサルティング ニュースリリースをご覧ください。

いずれにしても、FP紹介サービスを中身で選ぶなら、「保険マンモス」一択です。

申込入力して送信すると、条件に合ったFPを、メールで紹介してくれます。その中から担当して欲しいFPを選びます。そのFPが、こちらの指定した日時・場所で、無料で保険相談にのってくれます。

複数チェーンの、近隣に保険ショップを見つけられるサービス

上で、保険ショップ・チェーンとして「保険見直し本舗」をお勧めしました。
ただ、お近くに、他の全国チェーンの店舗があるかもしれません。

生命保険のお勧め商品は、専門家の間でも意見が分かれやすいです。できることなら、少しでも多くのプロの考えに触れたいです。

時間に余裕があれば、お近くの保険ショップに足を伸ばしてはいかがでしょうか。
気軽に相談できて、気軽に断れるのが、保険ショップの良さです

複数チェーンの、お近くの保険ショップを探せるサービスがあります。


このサービスをご利用いただくと、下のような大手全国チェーンの保険ショップの中から、最寄の店舗を簡単に見つけることができます。予約することも出来ます!

ちなみに、「保険見直し本舗」も入っています・・・

保険ショップに足を運ぶか、保険に詳しいFPに来てもらうかか迷ったら、相談する目的によって使い分けましょう。

保険ショップかFP保険相談かで迷うなら、一番のオススメは、両方の利用です。

それが難しいなら、目的に応じて使い分けましょう。

保険の専門家でも、オススメの商品は、異なることが多い

複数の保険の専門家に同じ相談をしたときに、専門家からの提案内容が一致しないことは、よくあります。特に、商品の選び方に、個人差が出やすいようです。
マネー雑誌などの保険特集記事に目を通すと、お分かりいただけると思います。

専門家の間で意見が分かれる理由は、いろいろ考えられます。
たとえば、保険の検討では仮定が多くなります(もし○○歳で亡くなったら、もし長期で入院したら・・・)。起こるかどうかわからないことをいくつも積み重ねるので、個人の価値観とか人生経験とかが入り込みやすくなります。そうしたことも、一因かもしれません。

いずれにしても、複数の専門家に相談することで、こちらの考えを深める役に立ちます。

理想的なのは、何人かの専門家に相談して、自分と考え方・感じ方の近い専門家を見つけることです。

検討したい保険の分野が決まっているなら保険ショップ

たとえば、子どもの教育費のために学資保険を検討したい、というように、目的がハッキリしているなら、保険ショップに相談する方が能率的です。

検討したい分野が決まっているなら、次にやるのは、主な商品の見積もりを集めて比較すること。
だったら、取り扱える保険会社数が多い、全国チェーンの保険ショップが最適です。

何から手をつけるか分からないならFP保険相談

「結婚したけど、自分たちに保険は必要か?」とか「何から検討するべきか、わからない」というように、保険についての考え方を基本から整理したい人には、FP(ファイナンシャル・プランナー)保険相談が向いているかもしれません。

保険ショップでも、保険初心者を迎える体制は十分に整っています。

それでも、保険を中心に家計全般についてアドバイスできるFPに、一度は相談しておきたいです。
視野を広げて、頭の中を整理するのに、役に立ちそうです。

保険の専門家に相談する

保険選びの成功のカギは、提案書・見積書を効率よく集めて、比較することに尽きます。

保険選びをうまくやるコツは、ふつうの買い物と同じです。競合する商品を比較して選ぶことです。

しかし、生命保険は形がないし、購入前に試すこともできないので、比較して選ぶという当たり前のことが、意外と難しくなります。

同じ保障でも、保険料には大きな差があります。

生命保険でも、商品の中身はほとんど同じなのに、料金が大幅に違うことは、よくあります。

医療保険の例をご覧いただきましょう。

5つの商品の保障内容をできるだけそろえて、保険料を比較しました。
入院給付金日額10,000円の終身保障60歳払い済み、30歳女性の月払い保険料です。

月払い保険料
JA共済 14,706円
住友生命 13,600円
日本生命 13,250円
アフラック 3,790円
東京海上日動あんしん生命 3,824円

もっとも高額なJA共済と、もっとも安い東京海上日動あんしん生命では、月々1万円以上もの差があります。
保険料の払込が終わる60歳までの総計だと、なんと392万円もの差になります。

こんなにも割高なJA共済の『医療共済』に、2016年には約50万人の方々が、新規に加入しました(JA共済『JA共済連の現状2017』より)。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

比較する範囲が狭いと、格差があることすら気づけない

保険がわかりにくいために、加入するに際して、商品の中身より、保険会社への信頼感とか親近感を優先してしまう傾向が、強いのかもしれません。

その結果、各商品の見積もりを比較する段階をスルーして、保険料の差に気づかないまま、加入を決める人が多いのかもしれません。

あるいは、比較しても、たまたま知っている2~3社の比較だけで、判断したのかもしれません。
比較の範囲が狭いと、保険料の格差という事実を知らないまま、決断する危険は大きいです。

候補に、カタカナ生保・損保系生保を含める

比較検討する商品数を増やせば、それだけ割安な商品に出会える確率は高くなります。
しかし、生命保険会社だけで41社あります(2018年9月)。さすがに、すべての見積もりをとって比較するのは負担が大きすぎます。

そこで、カタカナ生保・損保系生保を、複数候補に加えることを、お勧めします。

カタカナ生保・損保系生保の多くは、1996年の保険の自由化をきっかけに設立された、新しいタイプの生保会社です。
古くからある生保会社とは違う、低コストな販売方法を採ることで、保険料を割安にしています。

これらの生保会社は、実績や歴史は乏しいですが、調べると、頼りになりそうな会社がいくつも見つかります。

安心できそうなカタカナ生保・損保系生保

知名度の低いカタカナ生保・損保系生保でも、調べてみると、すでに多くの契約を保有しているところ、大きな企業グループに属しているところなど、心強い会社はいくつもあります。

下表の生保会社が、あてはまる企業です。

アフラック
  • 医療保険、がん保険では売上国内トップ。
  • 総加入者数は、かんぽ生命に次いで国内2位。
オリックス生命
  • オリックスのグループ会社。
  • 総加入者数は、334万人。
ジブラルタ生命
  • 総加入者数は、656万人超。
ソニー生命
  • ソニーのグループ会社。
  • 総加入者数は、345万人超。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
  • 損保ジャパン日本興亜のグループ会社。
東京海上日動あんしん生命
  • 東京海上グループのグループ会社。
  • 総加入者数は、325万人超。
ネオファースト生命
  • 第一生命のグループ会社。
三井住友海上あいおい生命
  • 三井住友海上、あいおいニッセイ同和のグループ会社。
  • 総加入者数は、303万人超。
メットライフ生命
  • 総加入者数は、534万人超。
メディケア生命
  • 住友生命のグループ会社。

大きなバックを持つ保険会社が強いことは、納得いただけると思います。

さらに、このサイトでは、加入者数の多い保険会社はそれだけ安全性が高い、と考えています。生命保険という商品の特殊性から。
そして、加入者300万人を一つの基準にしています。
詳しくはつぶれない生命保険会社をご覧ください。

新しい生保や外資系生保の中にも、当てにできる保険会社は、それなりにあります。ぜひ、検討に加えてください。

保険の専門家に相談する

保険の専門家に、納得できる保険相談をするための、ちょっとしたコツがあります。

保険ショップの相談員やFP(ファイナンシャル・プランナー)の多くは、礼儀正しいし、自分たちの考えを押し付けたりしません。さほど警戒することはありません。

とは言え、そもそも保険はわかりにくいものなので、思わず相手の考えに流されてしまうことが、ないとは限りません。

そこで、保険相談をするにあたって、相手の意見に不用意に流されないために、頭に置いてほしいことを、いくつかご説明します。

相談相手は、販売手数料の高い商品を売りたい

保険の専門家は、たいてい保険商品の販売も手掛けています。そして、そういう専門家の方が、深い商品知識を持っています。

ところで、保険商品を販売すると、保険会社から販売手数料をもらえます。

だから、生保会社の営業社員はもちろん、保険代理店、保険ショップ、金融機関の窓口などはみな、販売手数料の高い保険商品を販売したがります。
後々クレームになりそうな欠陥商品でない限り、販売手数料の高い商品を勧めます。

当然のことながら、そういう保険会社の商品が、こちらにとってBESTであるとは限りません。
勧められるままに商品を選ぶのは、避けましょう。

ただし、販売手数料が高い保険会社は、商売熱心なので、商品内容もそれなりに優れています。
頭から否定してかかるのは、もったいないです。

保険の分野ごとの候補商品を決めておく

たとえば、上でご案内した保険ショップ「保険見直し本舗」なら、取扱保険会社数は45社です。ありったけ提案書・見積書を作成してもらったら、けっこうな数になります。

何十もの提案書・見積書を作成し、比較検討するのは、先方にとってもこちらにとっても、負担であり苦痛になります。

気になる商品、比較したい商品をいくつか決めた上で、保険相談に臨むのが、現実的かもしれません

もし、どの保険会社のどの商品の名前をあげるべきか、迷われるなら、トップページで、ご案内しています。

なお、候補商品を絞り込みすぎないように、気をつけてください。基本の方針としては、できるだけ多くの提案書・見積書を見比べたいです。

こちらの気になる商品と、先方のオススメ商品の見積もりを比較

保険ショップなりFPなりがこちらに提案する商品と、こちらが候補として用意した商品の、提案書・見積書を作成してもらいましょう。

そして、それらを見比べながら、それぞれの長所短所を説明してもらえば、自ずと正しい結論が出るはずです。

保険の専門家は、販売手数料の高い商品を売りたがるかもしれませんが、そのためにウソを並べ立てることはありません。それは法律に違反します。

保険の専門家に相談する

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。