各社の終身保険を比較する前に、どんな保障内容にするか、5つの項目を決めましょう。

終身保険は、生命保険としては、シンプルな仕組みです。

死亡保障は一生涯続きます。保険金額(亡くなったときに出る金額)は一定です。
つまり、いつかは必ず保険金をもらうことができます。

終身保険(終身払込)のイメージ図

上の図だと、保障と同じく保険料の払込は一生続きます。この他に、期間を区切って、ある年齢までに保険料の払込を終える「有期払込」があります。

終身保険は、定期保険と並んで、もっともわかりやすい保険です。
それでも、いざ加入するとなると、決めなければならないことが、いくつかあります。

  • 死亡保険金の金額。
  • 保険料の払込方法・期間。
  • 有配当か無配当か。
  • 特約を付けるかどうか。
  • 一般的なタイプにするか、低解約返戻金型にするか

以下で、それぞれ説明します。

死後の整理資金を想定して、死亡保険金額を決める

終身保険は、いつかはかならず保険金を受け取ることができます。掛け捨てではありません。
よって、割り切った言い方をすると、死亡保険金の金額が適当でなかったとしても、損をすることはありません。

ここで言う「損にならない」とは、払った保険料がムダになることはないという意味です。

とは言え、保険としての役割を考えると、死後の整理資金をまかなえる程度に、保険金額を設定しておきたいです。

生命保険の役割分担

死後の整理資金とは、葬式代、埋葬費用、遺品整理の費用、相続税などです。いつ亡くなってもかかる費用なので、保険で準備するなら、終身保険が適しています。

死後の整理資金については、死んだときに必要になる金額で詳しく説明しています。

保険料払込は、回数が少なく期間が短いほどオトク

終身保険の名前の通り、保障は一生涯続きます。
ただし、保険料の支払い方には、いくつかの方法があって、どれを選ぶかで返戻率(つまり利回り)が変わります。

簡単にまとめると、以下の2つのルールがあります。

  • 支払う回数が少ないほど、返戻率は有利。
      つまり、一時払 > 年払 > 月払
  • 支払う期間が短いほど、返戻率は有利。
      つまり、○○年払 > □□歳まで > 終身払

ということは、月払いの終身払込(生涯にわたって、毎月保険料を払い)は、返戻率の面ではもっとも不利になります。

ただし、これから先解約するつもりがなければ、そもそも返戻率を気にする必要はありません。終身払込でも差し支えありません。

有配当か無配当か

配当とは、生命保険会社の運用が予定よりうまくいったときに、加入者に配られるお金です。

無配当は、配当をもらえませんが、そのぶん保険料は安くなることが多いです。

現在の日本は低金利なので、配当はないか、あってもわずか。だったら、無配当にして保険料を安くする方が賢い選び方のようにも思えます。
しかし、10年後、20年後にどうなっているかは分かりません。
つまり、どっちがトクかは、わかりません。

もっとも、実際に販売されている保険商品のほとんどで、有配当か無配当かを選ぶことができません。無配当しかないとか、有配当しかない、という商品が大半です。

よって、保険を選ぶとき、配当があるかないかが決め手になる場面は、少ないでしょう

特約は、原則として付けない

たとえば、多くの医療保険で、医療系の特約を付けることができます。
終身保険も医療保険も、一生使うであろう保険なので、まとめて加入するのは、合理的に思えます。

しかし、目的の異なる保険を、セットで加入すると、後々不都合になる危険があります。たとえば・・・

  • 医療特約は掛け捨てなので、老後に解約すると、返戻率が想定より悪くなる。
  • 終身保険を解約すると、特約も消滅する。そのため、終身保険を解約して現金化したくても、医療特約のために、解約できなくなる。

終身保険や医療保険のように、何十年と続けるかもしれない保険は、目的ごとに別々の保険商品に加入しましょう
セット商品に入ると、想定外の事態になったときに、行き詰まる危険があります。

低解約返戻金型の終身保険なら、保険料払込期間終了後に、現金化するという選択肢が加わります。

終身保険の中に、低解約返戻金型と呼ばれるタイプがあります。
終身保険にはもともと貯蓄性がありますが、それをパワーアップさせたのが低解約返戻金型です。

終身保険の本来の機能は死亡保障です。しかし、数十年保険を続けるうちに、事情が変わるかもしれません。
低解約返戻金型なら、解約して現金化する(解約返戻金を受け取る)という選択を、とりやすくなります。

低解約返戻金型の特徴

低解約返戻金型と普通のタイプとで、大きく違うのは、解約返戻金の増え方です。以下の図で比較しています。。

低解約返戻金型終身保険と普通の終身保険の違い

死亡保険金の金額が同じなら、低解約返戻金型の方が、保険料は安くなります。
低解約返戻金型は、保険料を払い込む期間中の解約返戻金を少なくすることで、保険料を安くしています。

保険料払込期間が終わった後は、どちらのタイプでも、解約返戻金(=貯まっている金額)は同額になります。
低解約返戻金型の方が、保険料の累計額が少ないので、利回り(解約返戻率)は良くなります。

ただし、低解約返戻金型を、保険料払込期間中に解約すると、普通のタイプより損になります。もっとも、普通のタイプだって、この期間中に解約するのは損ですが・・・

ちなみに、死亡保険としての働きはどちらも同等です。

保険料の終身払込は選べない

終身保険の保険料払込方法には、終身払込(一生払い込む)と有期払込(期間を決めて払い込む)があります。

上の説明から解ると思いますが、低解約返戻金型は有期払込のみです。終身払込は選べません。

有期払込の場合、年齢が高いと、保険料を払い込む期間が短くなるので、1回あたりの保険料が高額になりやすいです。

初めから貯蓄目的での加入は慎重に

長引くマイナス金利の影響で、保険各社は、終身保険の積立利率を、ここ1〜2年で大きく下げています

2017年の春より前の情報を見て、貯蓄方法として低解約返戻金型終身保険に興味を持たれた方々は、要注意です。
以前と比べて、低解約返戻金型終身保険の貯蓄性能は、低下しています。

見積もりをして、解約返戻率(どれだけ増えてもどるか)を、慎重にチェックしてください。

低解約返戻金型終身保険の、貯蓄として利回りを、実際に試算しました。

終身保険は、保険会社からすると、いつかは必ず保険金を支払う保険です。そのために、掛け捨てタイプの保険と違って、保険会社の中で、そのための準備金が積み立てられています。

この仕組みを活用することで、終身保険で貯蓄をすることが可能になります。時期を見計らって終身保険を解約して、積み立てられたお金を、解約返戻金として、受け取ります。

ただし、払い込んだ保険料よりも、多くの解約返戻金をもらうには、貯蓄性の高い終身保険を選ぶ必要があります。
そこで低解約返戻金型終身保険の出番になります。

低解約返戻金型終身保険の貯蓄性

低解約返戻金型終身保険の解約返戻金の仕組みを、オリックス生命の終身保険『ライズ』を例に、説明します。

35歳男性が、死亡保険金300万円の終身保険に加入したとします。保険料は、35〜60歳の間、毎月8,205円、累計で246万1,500円払い込みます。

60歳になる前に解約すると、返戻率は100%より低くなります。つまり、損になります。

60歳の、保険料の払い込みが終了した直後に解約すると、約258万円が、解約返戻金としてもどってきます。
払い込んだ保険料より4.8%ほど増えてもどってきます。保険用語で、返戻率は104.8%と表現されます。

60歳以降、解約しないで放置しておくと、解約返戻金の金額は、図のようにジワジワと増加します。保険料の払い込みは終わっているので、返戻率もジワジワと上がることになります。
このように、返戻率は、銀行預金などの金利と違って、同一商品・同一プランであっても、状況によって変動します。

まずまずの利回りだが、貯蓄としては微妙

上の解約返戻率は104.8%を、銀行預金のような金利に置き換えると、年利(複利)0.38%になります。

年利0.38%というのは、2018年7月現在の普通預金や定期預金の金利と比べると、安定志向の貯蓄としては圧倒的に優秀です

しかし、上の加入例の場合、保険料払込期間満了直後に解約しても、25年間継続することになります。

もし、25年の間に日本の経済が変化して、銀行などの金利が上昇しても、終身保険の利回りは加入時点のまま固定されます。
終身保険を保険料払込期間中に解約するのは明らかに損なので、身軽に他の貯蓄手段に乗り換えるのは難しいです

結果として、他の貯蓄手段を選んだ方がもっとオトクだった、となる可能性がそれなりにあります。
それを考えると、貯蓄手段としては微妙です。

やはり・・・

あくまでも死亡保険として加入するけれど、場合によっては、老後に解約しても損はない

くらいに考えるのが、無難かもしれません。

終身保険の保険料では、他の保険商品では当てはまる“常識”が通用しません。必ず見積もりをして確認しましょう。

生命保険会社は、伝統的な生保と、カタカナ生保・損保系生保に分けることができます。

伝統的な生保というのは、日本生命、明治安田生命、第一生命、住友生命などで、営業職員(セールスレディ)による販売体制を採っています。
このやり方にもメリットはありますが、コストがかかるため、保険料はどうしても高くなります。

伝統的な生保とカタカナ生保・損保系生保で、保険料を比べると、これまでは、伝統的生保の方が必ずと言っていいほど、高くなりました。

保険料の対するこれまでの常識が当てはまらない

ところが、2017年3~4月の保険料改定を経て、終身保険では、その“常識”が通用しなくなりました。

以下は、死亡保険金1,000万円、30歳男性、保険料払込60歳まで、の見積もり条件での、保険料の比較です。

保険会社 月々の保険料
メットライフ生命 31,065円
日本生命 30,090円
住友生命 27,890円
東京海上日動あんしん生命 27,200円
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 24,130円

青い文字が伝統的生保、赤い文字がカタカナ生保・損保系生保です。

ご覧のように、カタカナ生保のメットライフ生命が最も高くなりました。
また、住友生命と東京海上日動あんしん生命を比べると、同等レベルの金額です。

終身保険は、他のジャンル以上に、比較が大切

もともと、他の生命保険の種類と比べて、終身保険のジャンルは、伝統的生保とカタカナ生保・損保系生保の保険料の差は、小さめでした。
ここにいたって、その差はさらに縮まっているようです。

上の保険料比較から、カタカナ生保・損保系生保の中で、保険料の格差が拡大している、とも言えそうです。

いずれにしても・・・

終身保険では、カタカナ生保・損保系生保の方が、伝統的生保より安いという常識は、通用しません。

これまで以上に、比較して選ぶことが大切になりますね。

終身保険に加入するときは、以下の手順で検討を進めましょう。

終身保険の検討で迷いそうなのは、低解約返戻金型をとるかどうかと、保険料の払込方法(終身払込か有期払込か)の2点です。

その点を踏まえて、おすすめする検討の流れを、整理しました。

終身保険の検討の進め方

おすすめする検討の進め方は、次のようになります。

死後の整理資金の必要額などを元に、死亡保険金額を決める。
複数の低解約返戻金型終身保険の、見積もりをとる。
↓        ↓
保険料が負担可能なら、見積もりした商品の中から選ぶ。
保険料が高いなら、終身払込に絞って、再度見積もりを比較する。

低解約返戻金型終身保険では、保険料払込は有期払込(○○年間、□□歳まで)しか選べません。
有期払込の場合、加入する年齢が高くなると、払い込む期間が短くなる分、保険料は高くなります。

保険料が高くなりすぎるなら、低解約返戻金型をあきらめて、終身払込(保険料を一生払い込む)を選べる一般型の終身保険に、ターゲットを切り替えましょう。

ちなみに、一般型の終身保険のたいていは、有期払込でも終身払込でも選ぶことができます。

終身払込にすると、保険料は大幅に安くなる

終身払込を選ぶと、終身保険の貯蓄性は低下しますが、保険料は大幅に下がって、近づきやすくなります。

例として、アフラックの2つの終身保険(低解約返戻金型の『未来の自分が決める保険WAYS』と、一般型の『アフラックの終身保険』)の月々の保険料を比較します。
死亡保険金500万円で、低解約返戻金型は60歳まで保険料払込、一般型は終身払込です。

加入年齢 低解約
返戻金型
一般型
40歳 20,725円 11,295円
50歳 43,885円 14,815円

一般型でも、けっこうな金額ですが、60歳払済の低解約返戻金型に比べると、かなり安く見えます。

ちなみに、50歳で加入するとしたら、低解約返戻金型の保険料総額は526万6,200円です。
一般型(終身払込)の保険料総額が、この金額を超えるのが79歳のとき、つまり男性の平均寿命目前のタイミングです。

つまり、どちらの保険料総額が安かったかは、亡くなる年齢に左右されます


 関連するページ

生命保険のことは、保険のプロに相談しましょう。

このサイトでは、見積もり例や統計データなどを活用し、具体的にイメージしていただけるように努めています。それでも、どうしても一般論にとどまってしまいます。
ご自分の検討をされるときは、ご自身の立場や条件で、具体的な見通しを立ててください。

と言っても、保険の素人が、自分で調べながら、一つ一つ見積書・設計書を集めるのは大変です。また、うまく比較できないかもしれません。
保険のプロの活用をオススメします。

保険のプロにはいろいろありますが、
相談相手として選ぶべきは、上に名前をあげた保険商品を一通り取り扱っている保険のプロ
です。
そうでないと、ご自分の条件で、主要な保険商品を比較できなくなってしまいます。

では、どうすれば、そういう保険のプロに相談できるのでしょうか?
意外と簡単に、しかも無料でできてしまいます。詳しいことは

を、ご覧ください。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。