わかりにくい保険の入り方をすると、とんでもない人災が起こることを、わたしたちの社会はすでに経験しています。

保険のわかりにくさが巻き起こした、保険金不払い問題

2005年以降生保・損保の保険金不払いが、大きな社会問題になりました。本来、生命保険会社から支払われるはずの保険金・給付金の不払いが、2001年度からの5年間で131万件、964億円にも上りました。すごい数字です。

加入者から請求があったのに保険金を支払わない、という悪質な不払いもあるにはありました。
しかし、不払いの多くは、加入者からの請求がないことによる不払いでした。加入者が、本来なら2つの保険金を請求できるのに、1つの請求しか請求しなかったところ、保険会社の方では請求のあった分の保険金しか支払わなかった、というようなケースです。
請求されなければ保険金を払わない、という利益優先の保険会社の体質が批判されました。

保険金を請求する権利を持ちながら、請求も問い合わせもしていないケースは、調査に引っかからないはずです。よって、実際の不払いの件数・金額は、さらに大きかったはずです。

保険会社の体質・姿勢に問題があったのは言うまでもありません。しかし、これだけの大量の不払いがを許した背景には、生命保険のわかりにくさがあります。

生命保険には形がなく、しかも長期間にわたります。そのため、加入者やその家族は、加入した保険の内容を忘れてしまいがちです。そして、数年ぶりに保険証券など、保険に加入したときの書類を見ても、ところどころ意味不明だったりします。
その結果、保険金をもらえるのに、請求をし損ねてしまう、という事態になってしまうのでしょう。

請求漏れを起こさないための、ちょっとした工夫

生保・損保の保険金不払い問題を反省して、保険会社は保険金の支払いに前向きになりました(少なくとも昔よりは)。
しかし、それだけでは安心できません。やはり、わたしたち消費者の側で、請求漏れを起こさない心がけとかちょっとした工夫をしたいところです。

保険に加入してから20年、30年後でも請求漏れしないように、あるいは遺族のもとに契約どおりの保険金が届くように、以下のことをお勧めします。

  • 保障の内容がシンプルでわかりやすい保険に加入する。
  • 死亡保障、医療の保障、貯蓄など目的ごとに別々の保険商品に加入する。
  • 保険証券、約款、見積書・設計書などを整理して保管する。

わかりにくい保険の典型が、セット商品型生命保険です。定期付終身保険、アカウント型保険、組み合わせ型保険等々・・・

図は、明治安田生命の組立総合保障保険『ベストスタイル』の、保障内容です。

明治安田生命「ベストスタイル」の仕組み

加入してから20年、30年後に不幸が起こったとして、この図を見て、請求できる保険金額を正確にはじき出す自信はおありでしょうか?

わたしは、一般の方よりは生命保険に詳しいつもりです。それでも、加入から1年後にこの図を見て、保障内容をありありと思い浮かべられる自信はありません。
それどころか、途中で頭が混乱して、心が折れてしまうかも・・・

たぶん、明治安田生命の窓口に行って、言われるがままに書類に記入し、ハンコを押し、後日振り込まれた金額を受け取ることになるでしょう。
明治安田生命を疑う気持ちはありませんが、金額が正しいことを自信を持って確認できないのは、頼りない気持ちです。

保障そのものが優れていようと、この複雑さ、わかりにくさが、この商品の大きな欠点だと思います。

セット商品型生命保険の問題点はこれだけではありません。下の関連ページをご参考に。


 関連するページ

加入している保険の中身があいまいだと、同じような保険に重複して加入してしまう危険が・・・

わかりにくい保険に加入してしまい、自分の保障内容があいまいになってしまう危険は、請求漏れだけではありません。

同じような保険に加入して、お金をムダづかいしてしまうかもしれません。たとえば・・・

  • 父親はすでに死亡保険に入っているのに、学資保険に父親の死亡保障(育英年金など)を付けてしまう。
  • 生命保険、自動車保険で、2重に死亡保障や医療保障を付けてしまう。
  • 住宅購入でローンを組むときに、団体信用生命保険に加入したのに、以前から加入している死亡保険を見直さない。

保険の書類の整理・保管についての、多少は役に立つかもしれない、スリーポイントです。

保管のやり方に、特別なことはありません。A4サイズが入るファイルやケースなどに、関連書類一式をまとめてください。そして、わかりやすい場所においてください。

役に立つかもしれないことを、3つほどご案内します。

保険証券さえあれば、保険金・給付金の請求は、問題なく出来ます。

加入したときの書類、定期的に保険会社から送られてくる書類と、年数が経過するにつれてたまってきます。

保険金や給付金を請求するのに必要なのは、保険証券だけです。かさばって困るようでしたら、保険証券以外のものを処分しても、本気で困ることにはなりません。

ただ、『約款』『ご契約のしおり』などの冊子は、手元においておきましょう。じっくり読む機会は無いかもしれませんが、生命保険契約の契約内容が詳しく書かれています。

加入時の見積書・設計書を残しておくと、後でわかりやすいかも

保険証券や約款は、生命保険契約の契約書類なので、詳細ですが、わかりやすいとは言えません。
できれば、加入している保険の内容が、わかりやすく図で説明されている書類も、手元にほしいです。

どの保険会社も、加入するときの見積書・設計書は、目いっぱいわかりやすく作っています。おススメです。
保険会社によっては、毎年郵送してくる、契約内容の説明資料でも代用できるかもしれません。

生命保険料控除証明書を、お忘れなく

生命保険料控除証明書は、保険金・給付金の請求とは関わりませんが、お忘れなく。保険会社によりますが、毎年秋~冬にかけて送られてきます。

紛失しても再発行できます。でも、紛失すると、確定申告そのものを怠る危険があるので、管理方法を決めておきたいものです。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。