保険会社に勧められるまま、現在の保険の更新転換するのは損です。その前に、できるだけ早く縁を切りましょう。

国内大手生保の定期付終身保険やアカウント型保険に加入している方々。
生命保険会社から、更新のお知らせや転換の提案があったら、他社に乗り換える最大のチャンスです。

長く続けたい保険を更新型にすると、後悔する

更新型=ダメな保険、ということではありません。更新型の良さが活きる使い方をすれば、重宝します。

しかし、定期付終身保険やアカウンド型保険の10年更新とか15年更新は、良い使い方ではありません。

長期間必要な保険に、更新型は向かない

定期付終身保険とアカウント型保険の更新型を図に表すと、以下のようになります。

定期付終身保険 アカウント型保険

定期付終身保険やアカウンド型保険に組み込まれている保険は、子どもが経済的に自立するまでとか、仕事をリタイアするまでとか、一生涯とか、長期間続けたいものがほとんどです。

長く続ける可能性が高いなら、更新型でなく、まずは全期型(保険が必要な期間、一定の保険料で保障される)を検討したいです。

なぜなら、下で詳しく説明しますが、更新型を何回か更新すると、全期型より割高になるからです

保険会社が、更新型を売りたがる理由

定期付終身保険とかアカウント型保険を売っている保険会社が、更新型を売りたがるのは、保険料を安く見せるためです。
なぜ安く見せる必要があるかというと、もともとの料金設定が高いからです。

全期型で販売すると、保険料が高くなり過ぎて売れなくなるので、保険料を安く見せるために、更新型で提案してきます。

全期型(保険料が一定)と更新型の保険料は、下図のような関係です。

更新型と全期型の、保険料のイメージ図

スタート時点の保険料は、更新型のほうが、安くなります。しかし、更新のたびに、その時の年齢で保険料が再計算されるので、遅くとも2回更新したら、更新型のほうが高くなります(更新の年数や保険の契約期間によって、異なります)。

そして、保険の契約期間中の保険料累計も、更新型の方が大きくなります。

保障が必要なのに、更新後の保険料が高すぎて、保障を削ったり、止めるしかなくなります。

同じタイプの保険への転換は損

転換とは、今現在加入している生命保険を、同じ生命保険会社の別の保険商品に切りかえることです。

転換という制度そのものは悪くありません。
現在加入している保険が不要になって、別のタイプの保険に切り替えるときに、役に立つ制度です。

ただし、転換して、これまでと同じタイプの保険商品に切り替えると、損する危険が大きいです。

よく見かけるのが、定期付終身保険おアカウント型保険のようなセット商品型の保険から、新しいセット商品型保険商品への転換です。

同じタイプの保険に転換しても、保障がパワーアップするのはごく一部

新しい商品が販売されると、これまでになかった新機能が、必ず盛り込まれます。

保険会社のセールスレディ、セールスマンは、その新機能をアピールして、新商品への転換を勧めます。

ただし、旧商品と新商品とを詳しく比較すると、実際に保障がパワーアップされるのは、ごく一部であることがわかります。
保険としての機能の大半は、旧商品と大差ありません。

また、新商品の新しい機能のほとんどは、あったほうが多少便利だけど、無くても困らない程度のものがほとんどです。

旧商品から変更されない部分も値上がりする

転換して新商品に移行すると、転換のときの年齢を基準に保険料が再計算されて、値上がりします。

新商品と旧商品を比較して、何も変わっていない保障や特約も、その分の保険料は高くなります。そうした保障・特約は、単に値上げされるだけ、になります。それが、保険会社の狙いです。

転換は、新機能をエサにした、保険料の値上げです。保険会社の金もうけ優先の意図が露骨です。

更新のお知らせや転換の案内が届いたら、以下のように対応してください。

定期付終身保険やアカウント型保険に加入していて、更新のお知らせが届いたら、以下の対策をおこなってください。

根本的に見直すための、2つの方針

すでに定期付終身保険やアカウント型保険に加入している人が、それから逃げるための方針は、大きく2つです。

  • 継続するほうがオトクな部分だけを残す。
  • 更新型の特約や保険料が高い部分を解約し、カタカナ生保・損保系生保に乗り換える。

以下で補足説明します。

継続するほうがオトクな部分だけを残す

定期付終身保険やアカウント型保険は、保険料が割高でも、若いときに加入していたら、保険料はけっこう安いはずです。

保険料が安くて更新型でない部分を残せるなら、残したいです。それ以外の特約などはバッサリ解約します。

もっとも、セット販売型保険ではありがちですが、加入者の残したいものだけを残す、という柔軟な対応ができないことがあります。そのときは、保険契約まるごと解約します。

カタカナ生保・損保系生保に乗り換える

定期付終身保険やアカウント型保険を歪めている最大の原因は、保険料が高いことです。それを見えにくくするために、更新型を多用したり、セット販売型の仕組みを採っています。

保険料が安いカタカナ生保・損保系生保のほとんどは、定期付終身保険やアカウント型保険、あるいはそれにかわるセット型保険を販売していません。
そんなことをして、消費者の目をごまかす必要がないからです。

全期型がふさわしい保険はその形で販売しているし、目的ごとに、単体の保険商品を品揃えしています。

他社に乗り換えるときの手順

生命保険の加入は何かと時間をとられます。さっそく他社に乗り換える準備にとりかかりましょう。

他社に乗り換えるときの、現在の生命保険の取り扱いには、以下の3通りが考えられます。

  • 解約し、解約返戻金を受け取る。
  • 終身保険を残して、その他の特約をすべて解約する。終身保険の保険料のみ、支払い続ける。
  • 払い済みの手続きをする。保険料の支払いを停止し、それまでに支払った保険料分の終身保険だけを残す。

定期付終身保険に加入したのがかなり以前であれば、終身保険は若い年齢での安い保険料かもしれません。
その場合は、特約をすべて解約して、終身保険だけを残すことができます(他の特約を残して、終身保険を解約することはできません)。

定期付終身保険の終身保険を残す

払い済みの手続きとは、それまでに支払った保険料分の終身保険だけを残すことです。
当然、それ以降の保険料を支払う必要はありません。

払い済み

この手続きは、必ずできるわけではありません。
加入してから年数が経っていなくて、たまっている金額が少ないときは、手続きできません。
そのときは、他の2つの対処法のいずれかを選んでください。

なお、新しい生命保険の契約手続きが完了するまでは、古い契約を解約しないでください。
何かの理由で、新しい生命保険に加入できないことがあるので。

生命保険の見直しは、保険のプロに相談しましょう。

保険を見直すときは、保険のプロに相談しましょう。
ただし、保険にかかわる職業なら誰でも良いわけではありません。少なくとも、次の2つの条件をみたせる人に相談したいです。

  • 保険の見積書、設計書を、ふだんからたくさん作成している。
  • 多数のカタカナ生保・損保系生保の保険商品を取り扱っている。

保険の見積書、設計書を作りなれていれば、保険料の相場がわかっているし、保険料を下げるポイントを短時間で見抜くことができます。
また、保険料を下げるための具体的な手を打つときに、カタカナ生保・損保系生保の保険商品と、保険料を比較したいですよね。

しかし、どうすれば保険のプロに相談できるのでしようか!?

意外と簡単に、しかも無料で、保険のプロに相談する方法があります。
詳しいことは

を、ご覧ください。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。