アフラック『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』は、堅実な商品ですが、女性のための保障としては、物足りません。

アフラックは外資系の保険会社ですが、医療系の保険(医療保険、がん保険、介護保険、特定疾病保険など)の売上は、国内トップです。詳しくは、アフラックは、医療・介護関連の保険(特約を含む)を日本でもっとも多く販売している保険会社を参照願います。

そんなアフラックの、男女共通の医療保険『ちゃんと応える医療保険EVER』をベースに、女性のための保障を強化したのが、『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』です。

『ちゃんと応える医療保険EVER』は、バランスの良い商品

ベースになっている『ちゃんと応える医療保険EVER』は、多機能さとわかりやすさが両立された、バランスの良い医療保険です。

他社の医療保険と比べると、一見して、がんや七大生活習慣病の保障が手薄に見えるかもしれません。
しかし、保障内容の設定や特約付加により、十分な保障が可能です。

多機能であることを誇るより、機能を集約してわかりやすくしており、好感が持てます。

詳しくはオリックス生命『ちゃんと応える医療保険EVER』をご覧ください。

『ちゃんと応える医療保険EVER』に、2つの機能を追加

『ちゃんと応える医療保険EVER』に、2つの機能が追加されて、『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』になっています。

  • 女性疾病入院給付金(主契約にセット)
  • 女性特定手術特約(任意で付加できる)

女性疾病入院給付金は

自動的に組み込まれています。所定の女性特有の病気で入院したり、特定の手術を受けると、入院給付金(入院日数に応じてもらえる給付金)が増額されます。

女性特定手術特約は

付加するかどうかを、加入者が決められます。所定の女性特有の手術を受けると、一時金が出ます。

『ちゃんと応える医療保険EVER』で、十分かも・・・

男女共通の医療保険でも、当然、女性特有の病気による入院や手術を保障しています。

女性専用医療保険は、所定の女性特有の病気のときに、保障が分厚くなります。そのかわり、保険料は少し高くなります。

女性特有の病気や、女性がかかりやすい病気があるのは、まちがいありません。ただし、それらのために、保険料を多く支払って、保障を厚くする必要があるのか?という見極めが大事です。

結論を先に言うと、『ちゃんと応える医療保険EVER』ではなく、『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』を選ぶ必要性は、けっこう微妙です。

以下で説明します。

『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』は、女性にとって危険な病気を、カバーできていません。

女性専用の医療保険では、販売している保険会社が、自社基準で手厚く保障する病気を決めています。公的な基準があるわけではありません。

ですから、女性専用の医療保険をチェックするときは、手厚く保障される病気の範囲を確認しなければなりません。

それでは、『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』は、どうなのでしょうか?

『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』は、対象の病気が少ない

まず、保障が強化される、女性特有の病気の数を調べました。

参考までに、オリックス生命と東京海上日動あんしん生命の、女性専用医療保険の、対象の病気の数も調べました。

保険会社 病気・ケガの数
アフラック 134
オリックス生命 231
東京海上日動あんしん生命生命 338

アフラック『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』の病気の数は目立って少ないです。

もっとも、それだけで、ダメな商品とは言い切れません。
もしかしたら、特に重要度の高い病気だけに、対象を絞り込んでいるかもしれません。

そこで、さらに踏み込んで、どんな病気を対象としているのか、チェックします。

女性が警戒すべき病気をカバーできていない

女性がかかりやすい重病として、全国で患者数が1000人以上いて、女性の入院患者数が、男性の入院患者数の2倍以上である病気を、厚生労働省『患者調査』(平成26年)から抜き出しました。
データついての詳細は女性専用の保険や特約は、必須ではないをご覧ください。

そして、それぞれの病気・ケガについて、『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』が対応(女性特定疾病に当てはまるか)できているかを、下表にまとめました。

女性特定疾病に当てはまる病気・ケガには〇印を記入しています。空欄は対象外です。
また、病名の後ろの( )は、平均入院日数です。日数が長いほど、費用負担は大きくなりやすいです。

比較のために、オリックス生命と東京海上日動あんしん生命の対応状況も、併録しました。

病名 オリックス生命 あんしん生命 アフラック
乳がん
(12.5日)
子宮がん
(13.7日)
神経症性障害等
(44.8日)
アルツハイマー病
(300.8日)
高血圧性疾患
(80.5日)
くも膜下出血
(140.5日)
炎症性多発性関節障害
(23日)
関節症
(33.4日)
腰痛症及び坐骨神経痛
(40.7日)
骨の密度及び構造の障害
(39.7日)
乳房及び女性生殖器の疾患
(5.5日)
骨折
(43.4日)

12の病気・ケガのうち、『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』が対応できているのは4つだけです。
これでは、あまり頼りになりません。

もっとも、オリックス生命や東京海上日動あんしん生命にしても、似たりよったりです。アフラックより、対応する病気の数は多いものの・・・

さらに気になることに、上表の〇印の病気は、どれも平均入院日数が短いです。もっとも長い炎症性多発性関節障害でも、23日です。
もっと心配な、入院が長引きやすい、深刻な病気・ケガは、スルーされています。

これでは頼りないです。

『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』は、女性が警戒すべき病気・ケガの対策としては、不十分です。

『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』は、保険料の料金設定はお手頃です。

保険料の料金設定もチェックしておきます。

『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』と、上で比較した2つの女性専用医療保険、オリックス生命『新CURE Lady(キュア・レディ)』と東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』(女性疾病保障特約付加)の保険料も、併録します。

入院給付金日額5,000円で、終身払込、最小限の保障にしたときの、月々の保険料です。
保険料は、総額と女性疾病特約だけの金額(下表の「特約」の欄)の、2つを調べました。

あんしん生命 オリックス生命 アフラック
30歳 総額 1,855 1,919 1,695
特約 450 260 275
40歳 総額 2,065 2,184 2,005
特約 515 155 310

30歳と40歳で保険料を比較しましたが、どちらも、アフラック『ちゃんと応える医療保険レディースEVER』がもっとも安くなりました。
ただし、40歳の価格差はわずかでした。

女性疾病だけの保険料は(上表の「特約」の欄)、対応できる病気の数が最も多い、東京海上日動あんしん生命がもっとも高くなりました。
もっとも安くなったのは、オリックス生命でした。

気休めのために、月々数百円を負担するか?

上の3つの医療保険は、女性にとって心配な病気の、一部しかカバーできておらず、保障内容では物足りませんでした。

そのかわりに、アフラックとオリックス生命については、女性専用保障のための保険料も、そんなに高くはありません。まあ、ちりも積もれば山になりますが・・・

ちなみに、上の保険料見積もりでは、アフラックの女性疾病だけの保険料は、200~300円でした(年齢により変動します)。

となると、不十分であることを知った上で、念のために加入する、という判断はあると思います。
不十分であっても、何もしないよりはマシ、という判断です。

男女共通の医療保険で、幅広い保障を

上で、女性がかかりやすい重病をご覧いただきました。

それによると、女性が警戒したい病気は、女性特有の病気とは限りません。むしろ、そうでない病気の方が多いです。

ということは、医療保険を選ぶにあたって、特定の病気を重視するより、できるだけ幅広く保障に厚みを持たせたいです。

であれば、男女共通の医療保険を選んで、給付金の設定や特約を利用する方が、より理想的なプランに近づけそうです。
詳しくは女性の医療保険の選び方で、ご説明します。


 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。