オリックス生命の医療保険『新CURE(キュア)』を、このサイトの視点で、徹底分析しました。

オリックス生命の医療保険『新CURE(キュア)』は、発売以来、保障内容と保険料のバランスの良さから、保険の専門家から高い評価を獲得しています。

そんな『新CURE(キュア)』を、このサイトの視点で分析しました。

オリックス生命の医療保険『新CURE(キュア)』は、ニーズの高い保障をシンプルにパッケージして、高評価の医療保険です。

オリックス生命は、3つのタイプの医療保険を、販売しています。

新CURE(キュア)
性別に関係なく、三大疾病・七大生活習慣病を手厚く保障する、医療保険。
新キュア・レディ
女性特有の病気に手厚い、女性のための医療保険。
新キュア・サポート
持病や、入院・手術経験がある方のための医療保険。

『新CURE(キュア)』は、他の2つの医療保険のもとになっており、オリックス生命の医療保険の代表的な商品です。

保険販売のプロから高評価

生活情報誌、マネー雑誌などの保険特集の記事には、しばしば販売されている保険商品のランキングが掲載されています。

ここ数年、医療保険のジャンルで、オリックス生命『新CURE(キュア)』は、高い支持を集めています。毎年ランキングを発表している『最新保険ランキング』(マガジンハウス)、『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)、『よい保険・悪い保険』(宝島社)などで、ここ4年間1位を独占しています。

これらの雑誌では、ファイナンシャル・プランナー(FP)や、保険代理店の経営者・相談員などの投票をもとに、ランキングを決めています。
つまり、『新CURE(キュア)』は、保険販売のプロから高く評価されている、と言えます。

これらのランキングで、『新CURE(キュア)』に寄せられた選評を拾うと・・・

  • 保障内容と保険料のバランスが良い。
  • 男女・年齢問わず保険料が割安。

といったところに集約されそうです。

『新CURE(キュア)』は、こうした高評価に値する医療保険なのか、以下で検証していきます。

『新CURE(キュア)』は、ニーズの高い保障を、シンプルに、わかりやすくパッケージしています。

生保各社の医療保険を見比べると、機能や特約が盛りだくさんの、多機能型医療保険が主流です。

そんな中で、オリックス生命の『新CURE(キュア)』は、ニーズが高い保障に絞り込み、充実させることで、差別化を図っています。

例として、人気のある他社の2つの医療保険との比較を、ご覧いただきます。

『新CURE(キュア)』と同じく、保険の専門家から高く評価されている、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』と、メットライフ生命『フレキシィS』の、2商品と比較します。

『新CURE(キュア)』は、特約を、徹底的に絞り込んでいる

用意されている特約の数と種類を比べると、『新CURE(キュア)』の特徴がハッキリします。

新CURE(キュア)
  • 重度三疾病一時金特約
  • がん一時金特約
  • がん通院特約
新・健康のお守り
  • 三大疾病支払日数無制限特則
  • 医療用がん入院特約
  • 医療用退院給付特約
  • 医療用女性疾病入院特約
  • 七大生活習慣病追加給付特則
  • 医療用特定疾病診断保険料免除特約
  • 無事故割引特則
  • 医療用三大疾病入院一時金特約
  • 医療用がん診断給付特約
  • 医療用がん外来治療給付特約
  • 介護一時金特約
フレキシィS
  • 健康祝金特則
  • 終身手術総合保障特約
  • 先進医療給付特約
  • 終身七疾病入院延長給付特約
  • 終身女性疾病入院給付特約
  • 新終身通院給付特約
  • 新終身退院給付特約
  • 終身特定疾病一時金特約
  • 終身介護保障一時金特約
  • 終身認知症診断一時金特約
  • 三大疾病保険料払込免除特約
  • 災害死亡給付特約
  • 定期保険特約
  • 終身死亡給付特約
  • 給付金代理請求特約

『新・健康のお守り』と『フレキシィS』が、顧客のあらゆるニーズに応えようと、多数の特約を用意しているのに対し、オリックス生命『新CURE(キュア)』は、がんと三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)の特約に絞り込んでいます。

消費者の関心が最も高いであろうがんや三大疾病に的を絞って、シンプルでわかりやすい商品を作ろうとする、オリックス生命の意図がよくわかります。

『新CURE(キュア)』は、主契約で三大疾病・七大生活習慣病に対応

大多数の医療保険の主契約は、入院給付金です。あらかじめ決めた入院1日あたりの給付金額を、入院日数分もらうことができます。

残念ながら、日数無制限で保障を受けられるわけではありません。入院給付金には、日数制限が設けられています。たいていの医療保険は、標準の設定で、最長60日までとなっています。

ただし、ほとんどの医療保険で、がんの入院、三大疾病の入院、七大生活習慣病の入院のときに、この日数制限を延ばせる特約が用意されています。
この特約を付加すると、該当する病気の入院に限り、60日を超えて、入院給付金をもらうことができます。

『新CURE(キュア)』でも、日数制限の延長は可能です。
というより、他社よりこの機能を重視しているようで、主契約の中に、この機能(三大疾病と七大生活習慣病の入院のときに、日数制限を延長する機能)を、組み込んでいます。
具体的には、

  • 三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)による入院は、日数無制限。
  • 七大生活習慣病による入院は、120日までの保障に延長。

となっています。

ちなみに、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』では、以下の特約を付加すると、日数制限を延長できます。

  • 三大疾病支払日数無制限特則
  • 七大生活習慣病追加給付特則

また、メットライフ生命『フレキシィS』の場合は、以下の特約を付加すると、七大生活習慣病(がん、糖尿病、高血圧性疾患、心疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患)による入院のすべてで、日数無制限の保障を受けることができます。

  • 終身七疾病入院延長給付特約

ある程度保険の知識がある加入者にとっては、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命やメットライフ生命のように、日数延長するかを自分で判断できる方が、良心的に思えるかもしれません。

オリックス生命は、保険の知識が乏しい、一般的な消費者を想定して、保障日数延長の機能を、あらかじめ組み込んいます。

三大疾病や七大生活習慣病の入院での、日数制限延長は、どうしても欲しい機能ではありません。

『新CURE(キュア)』の保障内容を見る限り、オリックス生命は、三大疾病や七大生活習慣病での日数制限延長を、かなり重視しているようです。

しかし、これらの機能が、そこまで重要かというと、疑問です。

オリックス生命の姿勢は中途半端

同社の女性専用の医療保険『新キュア・レディ』の保障内容を見ると、何と、三大疾病や七大生活習慣病の入院での、日数制限延長の機能は用意されていません。

主契約に組み込まれていないだけでなく、特約としても提供されていません。

オリックス生命が、三大疾病や七大生活習慣病の入院での日数制限延長を、本気で重要視しているなら、『新キュア・レディ』にこうした機能が無いのは不自然です。

意地悪く言うと、本気で重要視しているわけではなく、商品のキャラ付けのために、『新CURE(キュア)』に日数延長の機能を組み込んでいる、ということなのでしょう。

厚生労働省の統計資料を調べても、三大疾病や七大生活習慣病での、入院日数制限の延長は、どうしても必要とは、言いにくいようです。

三大疾病、七大生活習慣病の入院日数は、そんなに長くない

厚生労働省『患者調査』(平成26年)で、三大疾病を含む七大生活習慣病の、平均入院日数を調べました。

病気 平均
入院日数
がん 19.9日
糖尿病 35.5日
高血圧性疾患 60.5日
心疾患 20.3日
脳血管疾患 89.5日
肝疾患 25.8日
腎不全等 37.9日

たいていの医療保険の入院給付金は、入院60日までを保障します。上表の平均入院日数が、60日を超えているのは、高血圧性疾患と脳血管疾患の2つです。

2つあるので、七大生活習慣病による入院について、日数制限を延長する意義はあります。
とは言え、それ以外の5つの病気は、60日までの保障で、けっこう余裕があります。

それどころか、がんや心疾患(いずれも三大疾病)のために、日数無制限の入院保障は、ちょっとやり過ぎに見えます。

もし他の方法で、高血圧性疾患や脳血管疾患の、60日を超える入院費用を準備できるなら、三大疾病や七大生活習慣病で日数制限を延長する機能に、こだわることは無さそうです。

他の方法とは、たとえば次のようなことが考えられます。

  • 入院給付金の日数制限を、すべての入院について、120日までに設定する。
  • 入院給付金の日額を大きく設定する(1万円かそれ以上)。
  • 一時金の保障(手術給付金、入院一時金、三大疾病一時金など)を手厚くする、または付加する。

『新CURE(キュア)』はそこそこ割安だけど、もっと割安な商品はあります。

『新CURE(キュア)』の主契約には、三大疾病や七大生活習慣病の入院のときに、日数制限を延ばす機能が組み込まれています。

そのため、最小限の保障に絞っても、他社より保険料は高くなりがちです。

最小限の保障で保険料を比べると、『新CURE(キュア)』は不利

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』、メットライフ生命『フレキシィS』と、最小限の保障での保険料を比較しました。

それぞれの年齢の、女性の月々の保険料です。保険料は終身払込、入院給付金日額10,000円での見積もりです。

30歳 40歳 50歳
新CURE(キュア) 3,302 3,932 5,432
アフラック 2,840 3,390 4,980
メットライフ生命 3,050 3,700 4,970

『新CURE(キュア)』の主契約には、三大疾病や七大生活習慣病の入院で日数制限を延長する機能が組み込まれています。その分保険料が上がるので、やや不利です。

ただし、アフラックとメットライフ生命の主契約にも、『新CURE(キュア)』には無い機能が組み込まれています(5日未満の短期入院を手厚くする機能とか)。

いずれにしても、

保険料の安さにこだわる人に、『新CURE(キュア)』を、お勧めしにくいです。

見積もり条件をそろえても、『新CURE(キュア)』が安いわけではない

今度は、アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』とメットライフ生命『フレキシィS』にも、三大疾病や七大生活習慣病の入院で日数制限を延長する特約を付加して、保険料を比較します(『新CURE(キュア)』の価格は変化しません)。

30歳 40歳 50歳
新CURE(キュア) 3,302 3,932 5,432
アフラック 3,010 3,620 5,400
メットライフ生命 3,530 4,440 6,060

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』には

三大疾病無制限型長期入院特約を付加しました。この特約を付加すると、三大疾病による入院は日数無制限で、それ以外のすべての入院は365日まで保障します。

つまり、入院日数制限の延長機能については、『新CURE(キュア)』より強力です。
しかし、保険料は、アフラックの方が安くなりました。

メットライフ生命『フレキシィS』には

終身七疾病入院延長給付特約を付加しました。この特約を付加すると、七大生活習慣病の入院のすべてで、日数無制限の保障になります。

これも、入院日数制限の延長機能については、『新CURE(キュア)』より強力です。
そのせいか、保険料は、メットライフ生命の方が、高くなりました。

たかだか2つの医療保険との比較です。
また、保障内容を変えると、各商品の保険料は変動します。
よって、これだけで結論めいたことを言うのは、気が早いかもしれません。とは言え・・・

『新CURE(キュア)』の価格設定は、そこそこ安いけれど、特別に安いわけではない。

くらいのことは、言えそうです。

『新CURE(キュア)』の高評価をうのみにして、他社商品との比較をおこたるのは危険です。

冒頭でご案内したように、保険販売のプロからの評価が高い『新CURE(キュア)』です。

しかし、

『新CURE(キュア)』は、無条件にお勧めできる医療保険ではありません。

その理由は、主に以下の2つです。

  • 三大疾病と七大生活習慣病の入院で、日数制限を延長するという、必須とは考えにくい機能を、主契約に組み込んでいる。
  • 保険料は、保障内容からするとそこそこ安いけれど、他にもっと安い商品が見つかりそう。

三大疾病や七大生活習慣病の保障を手厚くしたい人にとって、『新CURE(キュア)』は有力な選択肢の一つではあります。
しかし、他社の医療保険より、決定的に勝っているわけではありません。

保障内容に納得したうえで、保険料をしっかり比較して、選びたいです。

医療保険の検討・見直しは、保険の専門家を上手に活用しましょう。

医療保険は、原則として掛け捨ての保険です。掛け捨て保険は、保険を使わなければ、その分の保険料はもどってきません。

それだけに、ムダな保障や必要性の低い保障に保険料を払うのは、お金を捨てるのに近い行為です。
しっかりと検討して、保障内容を決めたいです。

適切に判断するためには、三大疾病や七大生活習慣病のような病気の実際(入院期間、入院と通院の比率など)を、ある程度は知っておきたいです。
また、健康保険や高額療養費制度など、公的な制度の知識も、欠かせません。
生保各社の商品を比較するには、商品知識もそれなりに必要になります。

一般の消費者にとっては、やや荷が重いかもしれません。医療保険は、長く続ける可能性が高いので、判断ミスは怖いです。

そこで、保険の専門家の活用をお勧めします。その具体的な方法は、以下でご案内しています。

を、ご覧ください。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。