生命保険を選ぶ最善の方法

生命保険を選ぶ最善の方法

保険選びには、他の買い物とは異なる難しさがあります。どこから買うかによって、リスクは変化します。

無料で相談できる保険の専門家は、けっこうあります。

  • 保険会社のセールスマン・セールスレディ。
  • 銀行など金融機関の窓口。
  • 全国チェーンの保険ショップ
  • 独立系FP(ファイナンシャル・プランナー)
  • 小規模な保険代理店

これらには一長一短があり、完ぺきなものはありませんが、お勧めしやすいのは保険ショップ独立系FPです。

保険選びは危険がいっぱい

他の買い物と比べて、保険選びは次のような特徴があります。

  • 形がない商品なので比べにくい。
  • 「もし・・・したら」という仮定がいくつもあるので、実感がわきにくい。
  • 買う前に試用できない。

そのため、誤解しやすく、質の悪い営業マンにひっかかりやすいです。

保険を販売する人に最低限求めたい条件

保険選びをうまくやり遂げるには、おもだった商品を、条件をそろえて比較したいです。

そこで、少なくとも、次の2点をクリアできる人や店舗を通じて保険に入りたいです。

複数の保険会社 の商品を取り扱う ことが可能 FPの有資格者 など知識豊富な プロがいる

いくら親切で、知識がありそうに見えても、特定の商品しか販売しない人に、中立性・公平性を期待できません。

また、限られた商品しか販売しない人は、商品知識も狭くなりがちです。

保険ショップ独立系FPを勧める理由

保険を販売する人や組織の専門的な知識と取扱商品の多さを、下表に整理しました。

保険の販売者 専門的な知識 取扱商品の多さ
保険会社のセールス ×
  • 販売できるのは自社取扱商品のみ。
  • 社内にFPは多数いるが、営業担当者が資格保持者である可能性は低い。
  • 保険会社のアンテナショップに注意!
金融機関の窓口 ×
  • 親密な保険会社の商品のみ取り扱う。やや偏っている。
  • 社内にFPは多数いるが、窓口の担当者は、貯蓄型保険に知識がかたよりがち。
全国チェーンの
保険ショップ
  • 全国チェーンの保険ショップは、主な保険会社の商品を一通り扱う。
  • チェーンや店舗によって、相談員の資格の有無や知識レベルは異なる。
独立系FP △~○
  • 複数の保険会社の商品を取り扱うが、その数は個人差がある。
  • 全員が、保険の専門知識を持つ、FPの有資格者。
小規模な保険代理店
  • 複数の保険会社の商品を取り扱うが、数は少なく、かたよりがある。
  • FPの有資格者は少ない。

残念ながら、完璧なところはありません。

そんな中で、他より安全そうなのが、保険ショップ独立系FPの2つです。

お勧めする保険ショップ・チェーンと独立系FP紹介サービスはこちらです。

こんな人に向いている

保険ショップ、独立系FPとも、幅広くニーズに応えてくれますが、あえて言うと、それぞれ以下のような方々に向いています。

保険ショップ 独立系FP
  • 入りたい保険はある程度決まっているけれど、商品選びで保険のプロを利用したい。
  • できるだけたくさんの商品を比較したい。
  • どんな保障が必要か、どんな保険を検討したらよいかなど、保険のプロに一から相談したい。
  • FPの資格を持っている専門家に相談したい。

期待できる保険ショップ・チェーン

取り扱える保険会社数の多さは、全国チェーンの保険ショップの魅力です。小規模な代理店とは一線を画しています。

これに質の高いサービスが加われば、言うことありません。その点で期待できそうなのが、保険見直し本舗です。

全国規模の保険ショップ・チェーンの多くは、店舗数を増やすことを重視し、当初からフランチャイズ加盟店を募集しがちです。そういうチェーンでは、フランチャイズ加盟店が放任されて、品質の格差が開きやすいです。

保険見直し本舗も、現時点ではフランチャイズ展開していますが、とても慎重です。

2001年の設立から全店直営方式を長く続けて、2019年になってようやくフランチャイズに乗り出しました。

それでも、フランチャイズ加盟店を急激に増やすのではなく、慎重に選定しているようです。会社の体質は、こういうところにあらわれると思います。

保険ショップでの相談に加えて、訪問相談、電話相談、オンライン相談もやっています。

FP紹介サービス

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、家計全般についてアドバイスをおこなう職業です。

一般的には、国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士か、民間資格のCFPまたはAFPに認定されている人を、FPと呼びます。

とくに保険に詳しいFPを紹介してくれるサービスが、いくつかあります。このうち、安心してお勧めできるのが、保険マンモスです。

この業界の歴史は20年に満たないですが、長続きしないものが多く、名前を聞かなくなったサービスは少なくありません。

そんな中、保険マンモスはもっとも早くスタートしたサービスの一つで、今なお安定しています。その事実こそが、お勧めする一番の根拠です。

無料で相談できますし、訪問相談のほか、オンライン相談にも対応しています。

納得できる保険相談をするために、意識していただきたいこと。

保険ショップの相談員やFP(ファイナンシャル・プランナー)の多くは、礼儀正しですし、特定の商品を押しつけることもありません。

とは言え、言いなりになるのは危険です。

相手は、販売手数料の大きな商品を売りたい

保険ショップにせよFPにせよ、販売の仕事にたずさわっているからには、できるだけもうけの大きな(=保険会社からの販売手数料が大きい)商品を売りたくなります。

販売 手数料 商品A 商品B

それでも、他にもっと顧客のニーズにあった商品があれば、押し売りすることはありません。

だからこそ、「比較して選びたい」とはっきり希望しましょう。

なんとなくの候補商品を決めておく

保険ショップやFPに相談するにあたって、複数の商品を比較する流れにもっていくために、「気になっている商品」を2~3用意しておきましょう。

比較すること自体が目的なので、人気があるらしい商品などを、適当にピックアップしてください。商品内容を理解する必要はありません。それを相手に説明させるのが狙いですから。

人気商品 見つかった!

複数商品の見積もりを作ってもらい、あとは、それらを見比べて不明点や疑問点を素直に質問しつつ、先方の提案内容を吟味してください。