入ってはいけない、アフラック

入ってはいけない、アフラック

アフラックは、がん保険や医療保険が有名ですね。

どこが問題なのですか?

新規の契約高が急速に落ち込んでいます。

ここ数年、同社の商品の人気・評価は低調なようです。

アフラックの商品を検討されるときは、とくに慎重にチェックしてください。

アフラックの過去5年の新規契約高の推移を、全社と比較しました。アフラックの低調ぶりは明らかです!

アフラックのここ数年の新規売上高の推移を調べると、驚くべき状況になっています。

同社が毎年度ごとに公表している決算データから、過去5年分の個人保険の新規契約高(新しく獲得した契約の売上高)を調べました。

変化が分かりやすいように、2015年度の新規売上高を100%としたときの、その後の推移をグラフに表しました。

比較のために、生命保険「全社」の推移も併記しました。

アフラックの、過去5年の新規契約高の推移

「全社」の新規契約高も減っていますが、ゆるやかです。

それに対しアフラックは、2016年と2017年に大幅に下落し、その後ペースダウンしたものの、依然として「全社」より速いペースで落ちています。

こんなに急速に売り上げが落ちて、会社の経営状態はだいじょうぶでしょうか!?

アフラックには、すでに膨大な数の加入者がいて、その方々が保険料を払い込んでいます。

ですから、新規契約が不振でも、すぐに経営が傾くわけではありません。

新規契約高が急落した結果、新規契約率は、業界最低レベルになっています。

上のグラフの、2016~2017年の急落には理由があります。

人気だった終身保険と学資保険の販売停止や商品改定(利回りダウン)が、急落の直接の原因です。

ちなみに、2016~2017年でも、看板商品のがん保険は、しっかり売り上げを伸ばしています。

とは言え、もはやアフラックの新規契約率(保有している契約高に対する、新規契約高の割合)は、業界最低レベルになっています。

以下は、2019年度末時点の、新規契約率です。

アフラック 1.7%
業界平均 6.3%

アフラックの新規契約率は業界平均の3分の1以下と最底辺レベルです。

アフラックの商品の人気・評価は、極めて低いと考えられます。

アフラックの商品は、全国の保険ショップ・金融機関だけでなく、郵便局でも販売されています。

また、第一生命、大同生命、かんぽ生命など他社の営業職員も、アフラックの保険を販売しています。

このように、販売体制という意味では、国内生保最強クラスの充実度です。

だからこそ、新規契約の不振は深刻です。

有名な会社だから・・・という理由で、アフラックの商品を簡単に選ぶのは危険なのですね。

苦情や解約・失効が少ない、安心できる生命保険会社を、こちらでご案内しています。

このサイトでは、「苦情発生率」「解約失効率」「新規契約率」の3つを基準に、いい保険会社、危ない保険会社を判定しています。

それぞれのワーストランキングは、以下のリンクからご覧いただくことができます。

また、3つの基準をクリアした良い生命保険会社は、おすすめの生命保険会社でご案内しています。

ぜひ、生命保険の検討にご活用ください。