入ってはいけない、朝日生命

入ってはいけない、朝日生命

朝日生命は、明治時代に設立された、名門の保険会社なのだそうですね。

どこが問題なのですか?

新規の契約高が急速に落ち込んでいます。

ここ数年、同社の商品の人気・評価は低調なようです。

朝日生命の商品を検討されるときは、そのメリット・デメリットを慎重にチェックしてください。

朝日生命の過去5年の新規契約高の推移を、全社と比較しました。朝日生命の低調ぶりは明らかです!

朝日生命のここ数年の新規売上高の推移を調べると、心配な状況になっています。

同社が毎年度ごとに公表している決算データから、過去5年分の個人保険の新規契約高(新しく獲得した契約の売上高)を調べました。

変化が分かりやすいように、2015年度の新規売上高を100%としたときの、その後の推移をグラフに表しました。

比較のために、生命保険「全社」の推移も併記しました。

朝日生命の、過去5年の新規契約高の推移

「全社」の新規契約高も減っていますが、ゆるやかです。

それに対し朝日生命は、2016年と2017年に大幅に下落し、その後ペースダウンしたものの、依然として減少しています。

こんなに急速に売り上げが落ちて、会社の経営状態はだいじょうぶでしょうか!?

新規契約高が減少しても、すでに加入している人たちが保険料を払い込むので、会社の収入はあります。

保険会社の場合、新規契約高の落ち込みが、すぐに経営状態に響くわけではありません。

朝日生命の新規契約率は、業界底辺レベルになっています。商品やサービスの競争力が低いようです。

上で説明したように、新規契約の縮小が続いた結果、朝日生命の新規契約率(保有している契約高に対する、新規契約高の割合)は、業界最低レベルになっています。

以下は、2019年度末時点の、朝日生命と業界全体の新規契約率です。

朝日生命 2.0%
業界平均 6.3%

朝日生命の新規契約率は業界平均の3分の1以下と底辺レベルです。

朝日生命の商品の人気・評価は、低いようです。

その商品だけ見ると良さそうでも、競合する他社商品としっかり比較しなければなりませんね。

朝日生命は、旧来からの営業職員による販売に加えて、金融機関や保険ショップによる販売にも力を入れています。

その成果は出つつあるようですが、ご覧の通り、全体的には依然として厳しい状況のようです。

朝日生命の保険財務力格付は、生命保険会社の中では低いです。保険期間の長い保険に加入するのは、少し心配です。

複数の格付会社が、おもに投資家向けに、保険財務力格付(保険会社としての経営状態への評価)を公表しています。

以下は、2020年9月時点の、朝日生命の保険財務力格付です。

格付会社 格付
日本格付研究所 BBB
格付投資情報センター BBB
フィッチ BBB+

格付はA、B、Cの記号を使って表記されます。が良好、は懸念がある状態、はリスクが大きいことを表します。

朝日生命は3つともBBBで、注意は必要だけど、当面の保険金支払い能力は十分という評価です。

こう書くと高評価のように思えるかもしれませんが、実は格付を取得している他の保険会社は、すべてA評価です。

つまり、朝日生命の経営状態に対する評価は低いです。

ということは、保険期間の長い商品に加入するときは警戒した方が良い、ということですね・・・

苦情や解約・失効が少ない、安心できる生命保険会社を、こちらでご案内しています。

このサイトでは、「苦情発生率」「解約失効率」「新規契約率」の3つを基準に、いい保険会社、危ない保険会社を判定しています。

それぞれのワーストランキングは、以下のリンクからご覧いただくことができます。

また、3つの基準をクリアした良い生命保険会社は、おすすめの生命保険会社でご案内しています。

ぜひ、生命保険の検討にご活用ください。