東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』のお勧めプランと競合商品

『メディカルKit NEO』のおすすめプランと、競合商品

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』らしさが光る、おすすめの保障プランは、こちらです。

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』は、シンプルな保障プランにすれば保険料を安くできる一方、豊富な特約を組み合わせての充実保障も実現可能な、キャパシティの大きな医療保険です。

いろいろなプランが考えられる医療保険ですが、それらの中から、『メディカルKit NEO』の特長を活かせるプランをご案内します。

シンプルなブランで割安感を追求

特約の数が豊富な『メディカルKit NEO』は、充実保障が似合う医療保険という印象です。
しかし、保障をできるかぎりシンプルにすると、保険料はトップクラスの安さになります。

主契約
  • 入院給付金日額 5,000円(60日型)
  • 手術・放射線治療給付金 I型
  • 初期入院保障特則 なし
特約 なし

「普通の保障内容の医療保険に、できるだけ安く入りたい」という人には、候補に加えてほしいプランです。

入院を充実させたうえで、六大疾病の通院などにも備える

上のプランとは逆に、入院費用から通院費用の一部までカバーできる、充実保障のプランです。

上のプランの入院給付金を120日型(入院1回あたり120日間まで保障)、手術・放射線治療給付金のタイプをIII型に変更し、さらに特定治療支援特約を付加しました。

主契約
  • 入院給付金日額 5,000円(120日型)
  • 手術・放射線治療給付金 III型
  • 初期入院保障特則 なし
特約
  • 特定治療支援特約(III型)

『メディカルKit NEO』には、3大疾病入院支払日数無制限特約という、3大疾病による入院を日数無制限で保障する特約があります。

しかし、特定治療支援特約では3大疾病を含む6つの病気を保障するのに、入院日数無制限保障は3大疾病だけ、というのは中途半端です。
そこで、3大疾病入院支払日数無制限特約を付けないかわりに、入院給付金を120日型にしました。

手術・放射線治療給付金のIII型と特定治療支援特約は、どちらも一時金が出るタイプです。
一時金は、退院後の通院費用にも使えるので、便利です。

主契約に手を加えて、特約を1つ付けただけですが、これだけでも、他社の医療保険と比べて、ずいぶん手厚くなります。

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』を検討するときに、比較したい競合の医療保険を、ご案内します。

医療保険を選ぶときに、重視するポイント別に、比較したい競合の医療保険を上げていきます。

なお、伝統的な国内生保の医療保険は、あまりにも保険料が高いので(1.5~2倍)、カタカナ生保・損保系生保にしぼって、競合商品をピックアップしました。

保険料の安さなら

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』は、充実した保障内容からすると、とても割安感の高い医療保険です。
もっとも、これほど充実した保障を必要としない人もいるはずです。

たとえば、この医療保険は、放射線治療や骨髄ドナーの手術でも、一時金が出ます。
これに対して、「そんな一時金はなくてもいいから、そのぶん保険料を下げてほしい」と考える人はいるでしょう。

こういう方は、以下の医療保険を、比較検討の対象に含めましょう。

  • FWD生命『FWD医療』
  • チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』

FWD生命『FWD医療』は、とことん保障をシンプルにできる医療保険です。手術給付金でさえ取り外して、入院給付金のみの保障にすることができます。それだけ保険料を下げられます。

チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』は、入院1回あたり30日間までの保障という設定が可能です(ふつうは60日間)。この設定にすることで、保険料をグンと安くできます。

特約の品ぞろえの充実なら

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』の、特約の品ぞろえは充実しています。他社を圧倒する充実ぶりです。

とは言え、特約の品ぞろえは、保険各社の工夫の差が出やすいところです。よりニーズに合った保障を求めるなら、いろいろと比べたくなります。

こういう方は、以下の医療保険を、比較検討の対象に含めましょう。

  • アフラック『医療保険EVER Prime』
  • チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』
  • 三井住友海上あいおい生命『&LIFE 新医療保険Aプレミア』

アフラック『医療保険EVER Prime』は、もっとも売れている医療保険で、やや手厚いながら、業界標準の保障内容です。5日以内の短期入院に手厚くなっています。特約も8個用意されており、一通りのことができます。

チューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』は、特約の数そのものは多くありません(もっとも、一通りのものはそろっています)。注目は、ストレス性疾病延長入院給付金です。東京海上日動あんしん生命では難しい、精神や神経の疾病による超長期入院への準備が、可能になっています。

三井住友海上あいおい生命『&LIFE 新医療保険Aプレミア』は、5日以内の短期入院に手厚くなっています。特則を付加して、10日以内に拡張できます。また、放射線治療に加えて、集中治療でも手術給付金と同額が出ます。さらに10個の特約が用意されています。

医療保険は、競合する商品が多く、保険料は接近しています。しっかりと比較して選びましょう。

ご覧いただいたように、医療保険は、競合する商品が多く、保険料は接近しています。限られた商品の中から気に入ったものを選ぶ、という決め方では、ご自分に最適な商品を見逃してしまう危険があります。

保険料の差が接近しているので、見積もりの条件(性別、年齢)や保障内容によって、割安感の優劣は入れかわってしまいます。
しっかりと比較して選びましょう。

複数の主要な医療保険の見積もりを集めて、保障内容などの条件をそろえて比較するのは、かなりやっかいです。

主だった保険商品の見積もりを集めるだけで時間と労力がかかります。さらに、条件を合わせて比較しようとしても、専門用語を誤解したり、細かな違いを見落としたりと、失敗する危険があります。

保険の専門家を上手に活用することをオススメします。そのための手軽で安心な方法は、
賢い生命保険の入り方
をご覧ください。