東京海上日動あんしん生命『メディカルKit R』の特約と保険料

『メディカルKit R』の特約と保険料

特約は、豊富な品ぞろえです。たいていの保障を準備できます。

保障にかかわる特約は、14個用意されています。最近は、どの医療保険も特約の数が増えています。そんな中でも、多いです。

  • 3大疾病入院支払日数無制限特約
  • 通院特約
  • 先進医療特約
  • 特定治療支援特約
  • 5疾病就業不能特約
  • 女性疾病保障特約
  • がん診断特約
  • 悪性新生物初回診断特約
  • がん通院特約
  • 抗がん剤治療特約
  • 介護保障特約
  • 特定損傷一時金特約
  • 健康給付特約
  • 手術給付金の追加払に関する特約

上の中から、他社ではあまり見かけない、特徴のある特約をご案内します。

特定治療支援特約

七大生活習慣病のうち、高血圧性疾患を除いた6つの病気になったときに、所定の条件を満たすと、まとまった金額の一時金(50~100万円)が出ます。

がん、心疾患、脳血管疾患の三大疾病だけでなく、肝硬変、慢性腎不全、糖尿病の三大合併症にも対応できるところが、この特約の値打ちです。
他社のほとんどは、三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳血管疾患)だけの対応になっています。

5疾病就業不能特約

がん、心疾患、脳血管疾患の三大疾病に加えて、肝硬変、慢性腎不全の5つの病気のために、就業不能状態になったときに、まとまった金額の一時金(100万円)が出ます。

65歳までが特約の対象です。また、10年更新型の特約です。つまり、10年ごとに保険料が上がります。

医療保険の保障や特約は、たいていは治療の費用を準備するためのものです。
それに対して、5疾病就業不能特約は、治療中の生活費をまかなうための特約です。

よって、治療費用が心配なときは、上の特定治療支援特約を先に検討しましょう。 治療費用を準備できたけれど、治療中の生活費が心配ということなら、5疾病就業不能特約を検討しましょう。

特約の保険料は掛け捨てになる

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit R』の最大の特徴は、所定の年齢までに払い込んだ保険料が全額戻ってくる健康還付特則です。

ただし、保険料がもどってくるのは、主契約の保険料です。上でご案内した特約の保険料は、掛け捨てになります。つまり、特約を付ければ付けるほど、健康還付給付金(もどってくるお金)の利回りは悪くなります。

重大な病気への高い対応力を誇る特定治療支援特約を、他社の類似の特約と比べました。

東京海上日動あんしん生命メディカルKitシリーズの特長の一つが、特定治療支援特約です。

保障内容で他社を一歩リード

特定治療支援特約は、所定の重大な病気(日本人がかかりやすい生命にかかわる病気)になったら、まとまった金額の給付金(50万円とか100万円とか)が出ます。

同じような特約は、ほとんどの医療保険が用意しています。特定治療支援特約とそれらとの違いを調べました。

医療保険 三大疾病 肝硬変 慢性腎
不全
糖尿病
合併症
メディカルKit R
アフラック
オリックス生命
SOMPOひまわり生命
チューリッヒ生命
三井住友海上あいおい生命
メットライフ生命
メディケア生命

他社の場合、50万円とか100万円とかのまとまった給付金を出すのは、三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)に限られています。

『メディカルKit R』の特定治療支援特約は、保障内容で他社を確実にリードしています。

ただし、保険料は高くなる

保障される範囲が広いことは、心強いです。ただし、有能な保障ほど、保険料も高くなります。

『メディカルKit R』に特定治療支援特約を付けたときの保険料を、上の表で取りあげた保険会社のうち、アフラックとオリックス生命の2社と比較します。
参考に、『メディカルKit NEO』の保険料も載せておきます。

それぞれの年齢の女性が、50万円の一時金を受け取るときの、月払い保険料です。

30歳 40歳 50歳
メディカルKit R 4,903 7,053 9,287
メディカルKit NEO 3,117 4,642 6,761
アフラック 2,644 3,319 4,444
オリックス生命 2,537 3,232 4,452

東京海上日動あんしん生命の特定治療支援特約は、6つの重大な病気をカバーします。これに対し、アフラックとオリックス生命は、どちらも三大疾病のみの保障です。
その分、東京海上日動あんしん生命の方が、保険料は高くなります。

『メディカルKit NEO』でもあきらかに高くなっています。『メディカルKit R』にいたっては、他社の2倍前後の保険料になっています。

一生涯の実質負担は『メディカルKit R』有利

『メディカルKit R』は、月々の保険料は高くなります。しかし、所定の年齢で健康還付給付金がもどってくるので、生涯の実質負担額は、『メディカルKit NEO』より低くなる可能性が高いです。

40歳の女性が、健康還付給付金を受け取る年齢を70歳として『メディカルKit R』に加入した場合と、『メディカルKit NEO』に加入した場合を比較します。

メディカルKit R メディカルKit NEO
月々の
保険料
7,053 4,642
70歳までの
実質負担
0 1,627,120
87歳までの
実質負担
2,509,092 2,618,088

やはり、生涯の実質負担額は、『メディカルKit R』の方が低くなりました。

なお、87歳(女性の平均寿命)での両者の差額は、10万円ほどです。もし特約を付けなければ、この差はもっと大きくなります。

なぜなら、『メディカルKit R』であっても、特約の保険料は掛け捨てになります(もどってきません)。特約を付ければ付けるほど、利回りは悪くなります。

『メディカルKit R』は、多様な選択肢を提供してくれます。保険のプロを活用して、ご自分のニーズに最適な選択をしましょう。

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit R』は、独自の仕組みと特約を持つ医療保険です。この商品独自の専門用語もいくつかあります。
保険に詳しくない人だと、誤解をしてしまう危険があります。

また、長く続けたときに真価を発揮する医療保険なので、他社の医療保険と比較するときに、表面的な数字を比べるだけでは、誤った判断をする危険があります。

保険の専門家を上手に活用することをオススメします。そのための手軽で安心な方法は、
賢い生命保険の入り方
をご覧ください。