アフラックのがん保険『新・生きるためのがん保険Days』を、このサイトの視点で、徹底分析しました。

アフラックのがん保険『新・生きるためのがん保険Days』は、契約件数No.1の、もっとも売れているがん保険です。

そんな『新・生きるためのがん保険Days』を、このサイトの視点で客観的に分析しました。

『新・生きるためのがん保険Days』は、医療・介護関連の保険を日本でもっとも多く販売している、アフラックのがん保険です。

アフラックは、医療・介護関連の保険(特約を含む)を日本でもっとも多く販売している保険会社です。

アフラックは、販売実績で首位を走る

2016年度の、医療・介護関連保険の売上高(新契約年換算保険料)のトップ10は次の通りでした。

1位 アフラック 667億円
2位 エヌエヌ生命 495億円
3位 第一生命 475億円
4位 メットライフ 440億円
5位 かんぽ生命 411億円
6位 日本生命 411億円
7位 住友生命 359億円
8位 明治安田生命 326億円
9位 東京海上日動あんしん生命 219億円
10位 アクサ生命 177億円

アフラックは、2位以下を大きく離して、トップの座にいます。

アフラックの巨大な販売網

売れ行き好調のアフラックですが、商品が優れているから売れている、という単純なことではありません。

特にがん保険については、以下の2点を考慮する必要があります。

  • 医療保険に比べて、がん保険を販売している保険会社は少ない。
  • 郵便局に加えて、かんぽ生命、大同生命、第一生命が、アフラックのがん保険を売っている。

医療保険は、ほとんどの保険会社が、自社商品を販売しています。それに比べて、がん保険を単体で販売している保険会社は、少ないです。

アフラックは、そうした会社のいくつかと提携して、自社のがん保険を販売してもらっています。

この他に、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの金融機関でも、アフラックのがん保険を販売しています。

全部をひっくるめると、がん保険の販売網としては、国内最大規模になります。

3タイプのがん保険

そんなアフラックは、3つのタイプのがん保険を、販売しています。

新・生きるためのがん保険Days
性別に関係なく、病気・ケガに備えるがん保険。
新・生きるためのがん保険レディースDay
女性特有のがんに手厚い、女性のためのがん保険。
生きるためのがん保険 寄りそうDays
がんを経験したことがある人のためのがん保険。

『新・生きるためのがん保険Days』は、他の2つのがん保険のもとになっており、アフラックのがん保険の代表的な商品です。

『新・生きるためのがん保険Days』は、医療保険には加入せず、がん保険だけ加入したい人に向いています。

がん保険は、さほど複雑ではありません。少なくとも、医療保険に比べると、シンプルです。

ただし、商品による、保障内容の違いが大きいです。

がん保険は、大きく2つのタイプに分かれる

各社のがん保険を比べると、いろいろな特色がありますが、大きく2つのグループに分けることができます。

  • 医療保険と組み合わせやすいがん保険。
  • 医療保険と保障が重複してしまうがん保険。

その違いは、入院給付金の取り扱い方に表れます。

医療保険の主契約には、ほぼ例外なく、入院給付金(入院日数分の給付金が出る)が組み込まれています。つまり、必須の保障です。

一方、がん保険では、入院給付金が必須になっているものと、特約として付けるかを選べるもの、の2つのタイプがあります。

どちらかが優れている、ということはありません。
ただ、入院給付金が必須のがん保険を、医療保険と組み合わせると、入院給付金が重複して、ムダが発生します。

がんの入院は、医療保険の入院給付金で十分

がんは怖い病気ですが、だからと言って、医療保険とがん保険で、入院給付金を二重に準備する必要はありません。

がんは、1日あたりの医療費は平均より高いものの、1回あたりの入院期間は平均以下です。健康保険の高額療養費制度を使えば、入院1回あたりの費用は、そんなに大きくなりません。

また、近年、がんの治療に通院で取り組む患者数が、大きく増えています。入院給付金を二重にするくらいなら、通院への保障を手厚くしたいです。

『新・生きるためのがん保険Days』は、医療保険と組み合わせにくい

アフラック『新・生きるためのがん保険Days』の主契約には、入院給付金が組み込まれています。ということは、この保険に加入したら、必ず入院給付金がついてきます。

よって、この商品を医療保険と組み合わせると、入院給付金が重複します。

というわけで、『新・生きるためのがん保険Days』は・・・

すでに医療保険に加入している人、これから医療保険に加入するつもりの人には、お勧めしません。

『新・生きるためのがん保険Days』の通院保障は、まずまず手厚いです。ただし、長く続けるには不安があります。

医療技術の進歩にともない、入院1回あたりの、がんの入院日数は短くなっています。

厚生労働省『患者調査』(平成26年)によると、がんの平均入院日数は19.9日で、全病気・ケガの31.9日より、12日も短縮されています。

反面、通院でがん治療に取り組む患者数は、年々増加しています。

がん保険には、通院保障も求められる時代に

厚生労働省『患者調査』(平成26年)によると、通院でがん治療に取り組む患者数は、急速に増えています。

がんの、通院患者数と入院患者数の推移

この10年くらいで、通院患者数が入院患者数を追い抜き、その後もグングンと伸びています。

一般論として、通院は、入院に比べて、短期間のまとまった出費にはなりにくいです。
しかし、がんは年単位で取り組む病気なので、チリも積もれば山になります。
また、放射線治療や、高額な薬品を用いた薬物治療になると、通院でも高額の出費になります。

現代のがん保険には、通院治療への対応も、求められています。

『新・生きるためのがん保険Days』の、通院保障はまずまず手厚い

『新・生きるためのがん保険Days』の保障のうち、通院費用に使えるものは、以下です。

  • 診断給付金
  • 通院給付金
  • 放射線治療給付金
  • 抗がん剤治療給付金
  • 診断給付金複数回支払特約

診断給付金は

がんの診断が確定したら、一時金が出ます。通院か入院かは、関係ありません。がんのとき100万円、上皮内新生物のとき10万円です。

診断給付金を受け取るのは1回限りですが、診断給付金複数回支払特約を付加すると、2回目からももらえるようになります。もっとも、2回目以降は、診断だけでは足りず、入院することが支払い条件になります。

通院給付金は

文字通り通院のための給付金です。ただし、保障される通院には、2つの条件が付いています。いずれかに当てはまると、通院給付金が出ます。

  • 手術、放射線治療(電磁波温熱療法を含む)、抗がん剤治療(経口投与によるものを除く)のために通院。
  • 入院した場合に、退院後の365日以内の通院。

給付金が出る条件の中に、治療法が具体的に指定されているときは、要注意です。

がん保険は長く続けるものです。10年、20年経過すると、新しい治療法が主流になるかもしれません。
治療法が支払い条件になっている保障は、そうなったときに、役に立ちにくくなります。

通院給付金には、将来、実用的ではなくなる危険があります。

放射線治療給付金と抗がん剤治療給付金も

治療法が限定されている点では、上と同じです。

近い将来、放射線治療や抗がん剤治療が消滅するとは考えにくいので、まったくのムダにはならないかもしれません。

しかし、これらの治療が、今と同じくらいの重要性を、ずっと持ち続けるかは不明です。いずれ、払い込んば保険料に見合う価値はなくなるかもしれません・・・

以上のことから・・・

放射線治療給付金と抗がん剤治療給付金は、将来、価値が下がるかもしれません。

『新・生きるためのがん保険Days』の保障内容は、長く続けられるものではありません。お勧めできません。

がんは、日本人にとって最も重要な病気だけに、医療技術の進歩は急速です。
それに歩調を合わせるように、がん保険や医療保険の商品内容は、短い間隔で新しくなっています。

がん保険は、長く続けるつもりで、加入する

がん保険に加入しても、年数がたつと、中身が時代遅れになってしまうかもしれません。

中身が古くなったら、その時点の最新の商品に、加入し直すしかないのでしょうか?
そういう考え方は、お勧めできません。

なぜかと言うと・・・

  • 健康状態が悪くなって、加入できないかも。
  • 年齢が上がると、保険料も上がります。負担が大き過ぎて、加入できないかも。
  • 最新の保険に加入し直しても、いずれは時代遅れになってしまう。

というわけで、将来保険に入り直すという考えは、破たんする危険があります。お勧めできません。
発想を切り替えて

年数が経過しても、保障内容が劣化しにくい入り方をしましょう!

『新・生きるためのがん保険Days』は、劣化しやすい保険

上で説明した通り、『新・生きるためのがん保険Days』では、給付金の支払い条件に、治療法がいくつも指定されています。こういう商品は、年数の経過で風化しやすい保険の典型です。

特約で指定されているだけなら、避けられます。しかし、この商品では、主契約でいくつも指定されているので、避けて通ることができません。

こうなると

『新・生きるためのがん保険Days』を選択肢から外さざるを得ません・・・

同じようながん保険は、他にも複数ある

実は、『新・生きるためのがん保険Days』のような、年数の経過に弱いがん保険は、他にも複数あります。というか、むしろ多数派です。

がん保険は、消費者の関心が高い分野なので、保険会社間の商品開発競争が激しいです。

各保険会社は、自社商品の魅力を高めるために、最新の医療に対応しようとします。その結果、現在主流の治療法や、最新の治療法に合った保障が次々と開発されます。

今は主流でも、最新でも、時代が変われば古びてしまうのですが、そんなことはお構いなしです。

『新・生きるためのがん保険Days』をご検討なら、こちらの保険商品をお勧めします。

アフラック『新・生きるためのがん保険Days』は、お勧めできないがん保険です。

もし、この商品をご検討なら、並行して検討していただきたいものがいくつかあります。

アフラック『三大疾病保障プラン』

この商品はがん保険ではありません。

がんの診断が確定したとき、急性心筋梗塞か脳卒中が発病し、60日以上重い症状が継続したときに、所定の一時金が出る保険です。

一時金の金額は、100万円から、最大2000万円(ただし年齢による)の範囲で指定できます。
一時金の金額を大きくできるかわりに、他の保障はありません。

保障も支払い条件もシンプルなので、年数が経過しても、古くなりにくいです。

FWD富士生命『新がんベスト・ゴールドα』

この商品の主契約は、悪性新生物診断給付金だけです。これは、がんと診断されたときに出る一時金です。

一時金の金額は、50~300万円の範囲で指定できます。主契約はこれだけというシンプルさ。

ただし、特約は7つ用意されていて、先進医療、女性特有のがん、上皮内がん、疼痛緩和(痛みを和らげる)など、いろいろなニーズに応えられるようになっています。

オリックス生命『特定疾病保障保険With(ウィズ)』

この商品の保障内容は、上のアフラック『三大疾病保障プラン』とほとんど同じです。

オリックス生命も、がん保険を販売していますが、やはり支払い条件に治療法が細かく指定されています。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『特定疾病保障保険』

この商品の保障内容も、上のアフラック『三大疾病保障プラン』とほとんど同じです。

ただし、急性心筋梗塞と脳卒中で、一時金が支払われる条件は、アフラックやオリックス生命より緩やかになっています。

なお、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命も、がん保険を販売していますが、やはり支払い条件に治療法が細かく指定されています。

がん保険の検討・見直しは、保険の専門家を上手に活用しましょう。

がん保険自体は、わりと単純な仕組みです。しかし、検討し始めると、上で説明したように、医療保険との役割分担とか、長く続けるための入り方とか、考えることはいろいろあります。

重視するポイントによっては、がん保険をやめて、医療保険に一本化するという判断も十分にあり得ます。

というように、がん保険の枠を超えて、幅広く検討し、判断を下さなければなりません。迷ってしまいそうです。

迷うだけならまだしも、判断ミスをすると、ダメージは大きくなります。がん保険は、長く続ける可能性が高い保険ですから。

そこで、保険の専門家の活用をお勧めします。その具体的な方法は、以下でご案内しています。

を、ご覧ください。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。