メットライフ生命のがん保険『ガードエックス』を、このサイトの視点で、徹底分析しました。

メットライフ生命のがん保険『ガードエックス』は、売れているがん保険の一つです。

そんな『ガードエックス』を、このサイトの視点で客観的に分析しました。

メットライフ生命は、日本において、医療・介護関連の保険を多く販売している保険会社です。

メットライフは、アメリカ合衆国最大の生命保険会社です。
そのメットライフの、日本法人がメットライフ生命です。

メットライフ生命は、医療・介護関連の保険(特約を含む)の分野では、日本で多くの売り上げを誇っています。

2016年度の、医療・介護関連保険の売上高(新契約年換算保険料)のトップ10は次の通りでした。

1位 アフラック 667億円
2位 エヌエヌ生命 495億円
3位 第一生命 475億円
4位 メットライフ 440億円
5位 かんぽ生命 411億円
6位 日本生命 411億円
7位 住友生命 359億円
8位 明治安田生命 326億円
9位 東京海上日動あんしん生命 219億円
10位 アクサ生命 177億円

メットライフ生命は、4位につけています。多くの人に支持されています。

『ガードエックス』は、優れた点がいくつもあります。ただし、20年、30年と、長く続けるには、不安を感じます。

メットライフ生命のがん保険が、『ガードエックス』です。

『ガードエックス』の長所、短所を整理すると、以下のようになります。

『ガードエックス』の長所

  • 単独で加入するも良し、他の保険と組み合わせるも良しの、柔軟性の高さ。
  • 最新のがん治療に対応。
  • がんの通院治療も、幅広く保障。

『ガードエックス』の短所

いくつもの長所を持つ『ガードエックス』ですが、大きな弱点があります。

20年、30年と、長く続けるには、不安を感じる保障内容です。

『ガードエックス』は、現在のがんの治療法に、きめ細かく対応しています。それは、裏を返すと、将来がん治療のトレンドが変化すると、時代に遅れになりやすい、ということです。

がんは、年齢が高くなるほど、かかる確率がどんどん高くなります。長く続けたい保険です。
そんながん保険にとって、この弱点は、見過ごせません。

『ガードエックス』の主契約は、その支払い条件に治療法が指定されているため、経年劣化する危険が大きいです。

『ガードエックス』のどこに不安があるかというと、主契約である治療一時金の、支払条件が治療法になっている点です。

『ガードエックス』の主契約は、治療一時金

保険商品は、主契約(商品の核になる、必須の保障)と特約(加入者が任意で付加できる保障)からできています。

そして、『ガードエックス』の主契約は、治療一時金(メットライフ生命の呼び方は「ガン治療給付金」)です。

『ガードエックス』に加入して、以下の2つの条件のどちらかに当てはまると、50万円または100万円の(加入するときに決めます)、一時金が出ます。

  • 健康保険など公的医療保険制度の対象になる、所定の三大治療のいずれかを受けたこと。
  • 最上位の進行度を示す病期と診断され、入院または通院をしたこと。

所定の三大治療とは、手術放射線治療抗がん剤治療の3つです。

この3つが、現在のがん治療法の主流であり、病状などに応じて、使い分けたり、組み合わせて実施されるそうです。

つまり、現時点でこの3つの治療法を押さえていれば、がん保険として十分に役に立ちます。

がんの治療法の開発は活発

ところで、がんは、日本人の死因のトップです。
以下は、日本人の死因の割合です。(厚生労働省『人口動態調査』2016年)。

2016年の日本人の死因別割合円グラフ

29%ががんで亡くなっています。
これほどの病気だけに、医療技術の進歩は急速です。

いくら研究・開発が活発でも、三大治療のいずれかが、すぐに廃れることは、予想しにくいです。
しかし、三大治療のいずれにも当てはまらない、第四の治療法が誕生する可能性は、それなりにあると思われます。

『ガードエックス』の主契約は、三大治療法以外は不得意

『ガードエックス』の約款(保障内容の詳細な説明書)を見ると、今後新しい治療法が登場しても、それが現在の三大治療のどれかに分類されるなら、保障されます。

たとえば、よく効く抗がん剤が新発売になれば、それは保障の対象になります。

しかし、三大治療のどれにも当てはまらない治療法は、それがどんなに有効でも、普及しても、『ガードエックス』の対象外になってしまいます。

がんは死因のトップです。ということは、がん保険は一生モノと考えて、選びたいです。

20年後、30年後に、経年劣化しそうな保険には、できれば入りたくありません。

今の保険が古くなっても、新たに入り直せるとは限らない

現在のがん保険が古くなったから、新しいタイプの保険に入り直そうとしても、望み通りに加入できるとは限りません。

なぜかと言うと・・・

  • 健康状態が悪くなって、加入できないかも。
  • 年齢が上がると、保険料も上がります。負担が大き過ぎて、加入できないかも。

というように・・・

新しいものが出たら入り直す、という方針は、破たんする危険があります。

がんの対策には、年数が経過しても、劣化しにくい保険商品を選びましょう。

商品の選び方や、保障内容に工夫をすることで、経年劣化の危険を小さくすることはできます。

診断が確定したら、一時金が出る保険

たとえば、アフラック『三大疾病保障プラン』という商品があります。

これはがん保険ではありません。三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)になると、一時金が出る保険商品です。

『三大疾病保障プラン』だと、がんの診断が確定したら、加入するときに決めた100万円以上金額が、一時金でもらえます。

医師による診断の確定が支払い条件なので、その後入院するかどうか、どんな治療を受けるかなどは、無関係です。

これなら、がんという病気が滅びない限り、20年、30年たっても、安心して頼りにできます。

支払条件の柔軟性がポイント

上の診断一時金は、支払条件としてはもっとも柔軟性が高いです。

これにはかなわないまでも、次のような支払条件であれば、年月が経っても、劣化しにくいでしょう。

  • 入院することが支払条件(ただし、入院日数の指定が無いこと)。
  • 手術を受けることが支払条件
  • "公的医療制度(健康保険など)の対象の治療"を受けることが支払条件

経年劣化しにくいがん保険は、こちらです。検討の候補に加えてください。

2つのタイプにわけて、お勧め商品をご案内します。

がんの診断一時金をメインとする保険商品

上で説明したように、診断一時金(がんの診断が確定したら、一時金が出る)は、もっとも経年劣化しにくいです。

ということは・・・

診断一時金に加入して、一時金を十分な金額に設定するのが、もっとも劣化しにくい

ということになります。

ただし、この方法には、2つの問題点があります。

  • がんの治療費がいくらかかるかは、正確に予測できない。
  • 一時金の金額を大きくすると、保険料も高くなる。

一時金の金額は、大きいに越したことはありません。一時金が複数回出る保険であれば、少なくとも1回あたり50万円以上にしておきたいです。

この条件を充たす保険商品の中から、以下をお勧めします。

アフラック『三大疾病保障プラン』

上で簡単に紹介した、『三大疾病保障プラン』です。

がんの診断が確定したとき、または急性心筋梗塞か脳卒中が発病し、60日以上重い症状が継続したときに、所定の一時金が出る保険です。

一時金の金額は、100万円から、最大2000万円(ただし年齢による)の範囲で指定できます。
一時金の金額を大きくできるかわりに、他の保障はありません。

オリックス生命『特定疾病保障保険With(ウィズ)』

保障内容は、アフラック『三大疾病保障プラン』と、ほぼ同じですが、以下の点が異なります。

まず、急性心筋梗塞と脳卒中の一時金は、60日以上重い症状が継続した場合の他に、所定の手術を受けたときも、支払われます。

また、いくつかのタイプのうち、低解約返戻金型にすると、貯蓄商品にもなります。
ただし、貯蓄として使うには、解約して、解約返戻金を受け取る必要があります。

一生続けるつもりの人にとっては、余計な機能ですが・・・

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『特定疾病保障保険』

この商品も、オリックス生命『特定疾病保障保険With(ウィズ)』と同じタイプの保険商品です。

急性心筋梗塞と脳卒中の一時金の支払条件は、オリックス生命と同じで、アフラックより広くなっています。

ただし、低解約返戻金型は設定されていません。

ネオファースト生命『ネオdeとりお』

この商品も、上の3つと同じく、三大疾病で一時金が出ます。

ただし、急性心筋梗塞と脳卒中で支払条件は、30日以上の重い症状の継続か、手術を受けることなので、上の3商品より、幅広くなっています。

非喫煙者割引があるので、タバコを吸わない人にはおトクです。

ネオファースト生命は、知名度は低いですが、大手生保の第一生命の系列会社です。

入院給付金と診断一時金が組み合わさった、標準的ながん保険

続いて、標準タイプのがん保険の中から、経年劣化の危険性が低い商品です。

詳しくは、経年劣化しにくいがん保険をご覧ください。

なお、このタイプは、入院給付金(入院日数分の給付金が出る)が主契約に組み込まれているものが多いです。

すでに医療保険に加入されていると、そちらの入院給付金と重複する危険があります。ご注意ください。

がん保険の検討・見直しは、保険の専門家を上手に活用しましょう。

がん保険自体は、わりと単純な仕組みです。しかし、検討し始めると、上で説明したように、長く続けるための入り方とか、がん保険以外のこととか、考えることはいろいろあります。

また、がんの治療の実態についても、ある程度知っておきたいです。

幅広く検討し、判断を下さなければなりません。迷ってしまいそうです。
迷うだけならまだしも、判断ミスをすると、ダメージは大きくなります。がん保険は、長く続ける可能性が高い保険ですから。

保険の専門家の活用をお勧めします。その具体的な方法は、以下でご案内しています。

を、ご覧ください。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)は、保険を含む、資産・家計・税務知識の公的資格保有者。
  • 保険商品知識中心の保険外交員、保険ショップ店員とは一味違います。
  • そんなFPが、相談だけなら無料で、コンサルティング(保険に加入する義務なし)。
  • 自宅など、指定の場所に駆けつけてくれます。