おすすめの医療保険

おすすめの医療保険

医療保険の選び方と、おすすめの医療保険をご案内します。

医療保険を選ぶときの着眼点と、おすすめの医療保険を、以下の流れで解説しています。

医療保険を選別する、2つの着眼点があります。

保険会社は、絶えず商品改定をおこなっているので、ありがちな病気・ケガへの対応力で大きな差はありません。

医療保険ごとの性能の差がでやすいのは、次の2つの切り口で比較するときです。

  • 入院が長期化(2ヶ月を超える)したとき
  • 重い病気を通院治療するとき

入院が長期化したとき

一般的な医療保険は、入院1回あたりの60日間までの保障です。これでも、ほとんどのケースに対応できます。

厚生労働省『患者調査』(平成26年)によると、国民の平均入院日数は31.9日となっています。

しかし、病気ケガによっては、入院が60日間より長くなりやすいものもあります。

平均入院日数 31.9日 医療保険標準 60日 長期入院 ???日

加入者によっては、日本人がかかりやすい病気のうち、入院が長期化しやすいもの(脳卒中など)には、対策したくなるかもしれません。

そうしたニーズにどの程度応えられるかで、医療保険の充実度がわかります。

重い病気の通院治療

一般的に、通院で治療できる場合は軽症であることが多く、費用もさほどかかりません。

そのため、原則として、通院費用は医療保険の保障対象外です。

ただし、病気によっては、重病・難病であっても、通院のみで治療されることがあります。その典型が、がんの抗癌剤治療や放射線治療です。

加入者によっては、日本人がかかりやすい重い病気の通院治療も、できだけ保険でカバーしたいと望むかもしれません。

そうしたニーズにどの程度応えられるかで、医療保険の充実度がわかります。

三大疾病・七大生活習慣病の長期入院に備えるなら、こちらの医療保険を候補に加えてください。

FWD生命 FWD医療
オリックス生命 CURE Next(キュア・ネクスト)
メディケア生命 新メディフィットA

FWD生命『FWD医療』

この医療保険に7大生活習慣病特約を付けると、最大180日間まで入院保障が延長されます。

他社のこのタイプの特約は、そのほとんどが、三大疾病の入院は日数無制限です。それに比べると保障される期間は短くなります。

しかし、180日間でも実用的な長さですし、保険料は短い分だけ安くなりそうです。

オリックス生命『CURE Next(キュア・ネクスト)』

オリックス生命の医療保険『CURE Next(キュア・ネクスト)』には、機能の数を絞り込むかわりに、提供する機能に関しては、同業他社より充実させるという方針があるようです。

三大疾病による入院は日数無制限、その他の七大生活習慣病による入院は120日までの保障が、標準で組み込まれています。

メディケア生命『新メディフィットA』

この医療保険も、オリックス生命と同じく、三大疾病・七大生活習慣病で保障される入院日数を延長する機能が、主契約に組み込まれています。

しかもオリックス生命と違って、他にも多くの特約が提供されています。

また、機能が豊富でありながら、保険料は低く抑えられています。

全体的に多機能で、ニーズにあった保障プランを作りやすく、保険料が手ごろな医療保険はこちら

SOMPOひまわり生命 健康のお守り

多様なニーズに応えられる幅広さ

この商品には、入院の長期化に備えられる、以下の機能が備わっています。

  • 1入院あたりの保障日数は、60日の他に、120日や180日も選択できる。
  • 入院給付金日額は3,000円~20,000円まで1,000円刻みで設定可能。
  • 重大な手術を受けたときは、入院給付金40日分の、手術給付金が出る。
  • 重三大疾病で入院したら、入院給付金50日分の一時金が出る特約がある。
  • 三大疾病・七大生活習慣病の入院で、保障日数を延長する特約も、用意されている。

個々の機能は他社の医療保険でも見かけることがあります。しかし、一つの商品の中で、これだけの機能がそろっているのは珍しいです。

ベースの価格設定は良心的

『健康のお守り』に近いくらい機能が豊富な2つの医療保険と、保険料を比較しました。

それぞれの商品について、できるだけシンプルな保障内容で、月々の保険料を見積もりました。入院給付金日額10,000円で、終身保障・終身払込みの保険料です。

30歳女性 40歳女性 50歳女性
健康のお守り
(SOMPOひまわり生命)
2,967円 3,437円 4,507円
医療保険EVER Prime
(アフラック)
3,120円 3,750円 5,350円
マイ フレキシィ
(メットライフ生命)
3,157円 3,807円 5,077円

ご覧のように、SOMPOひまわり生命『健康のお守り』がもっとも安くなりました。大きな差ではありませんが、その差は数十年にわたって積み重なりますから、バカにはできません。

生命保険のことは、家計の専門家に相談しましょう。

このサイトでは、統計データなどを活用し、具体的にイメージしていただけるように努めています。それでも、どうしても一般論にとどまってしまいます。
ご自分の検討をされるときは、ご自身の立場や条件で、具体的な見通しを立ててください。

検討すべきポイントの洗い出し、活用できる公的制度の知識、必要保障額などあなたの数字の算出などは、専門家を活用した方が、速くて正確です。

というか、これらのポイントでまちがってしまうと、取り返しがつきません。
医療保険とは長い付き合いになります。専門家の知識・知恵・情報を活用して、確実な数字を把握しておきたいです。

しかし、どうすれば家計の専門家に相談できるのでしょうか!?

意外と簡単に、しかも無料で、家計の専門家に相談する方法があります。
詳しいことは

を、ご覧ください。