アフラックの医療保険を徹底解説

アフラックの医療保険を徹底解説

アフラックは、医療保険、がん保険の分野では、国内トップのブランドです。

アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)は、名前の通り米国の企業です。

日本支店という形で、1970年代から日本で営業しています。医療保険やがん保険では、国内生保会社より、先行して取り組んできました。現在でも、この分野では新契約高でトップを走っています。

下のグラフは、上位7社の、医療関連の保険分野での、過去4年間の売上高(新契約年換算保険料)です。

医療保険分野の売上上位7社の、売り上げ推移

アフラックは、トップを独走しつつ、しかもハイペースで売上高を伸ばしています。

保険の分野では、必ずしも、売上高=品質の高さや費用対効果の高さ、とは言えません。
とは言え、売上高は、有力な口コミ情報の一つです。連続してトップの売り上げを誇っているということは、たくさんの人たちを納得させている、ということです。

アフラックの、保険会社としての財務力・資金力は、心配なさそう。サービス品質は、大きな期待はできないかも。

保険に加入するときに、商品の内容や保険料と同じく気になるのが、保険会社の経営状況やサービスの品質です。

保険会社としての財務力、資金力は十分

保険会社の経営健全性を評価する基準として、ソルベンシー・マージン比率と格付けが、よく活用されます。

アフラックの成績は、以下のようになっています。

  • ソルベンシー・マージン比率・・・848.2%(2016年3月)
  • 格付け・・・A+(スタンダード&プアーズ)

ソルベンシー・マージン比率も、格付けも、十分に高い数字です。現時点で、アフラックの経営状況について、心配することはなさそうです。

サービスの品質は平均的か、平均よりやや悪い

このサイトでは、保険会社のサービス品質を比べる手段として、生命保険協会発表の苦情件数と、中立的な調査機関による客観性の高い口コミ情報を重視しています。

というわけで、各ランキングでのアフラックの順位を見ましょう。

苦情の発生率の低さ
(生命保険協会)
全41社中、28位(28番目に低い)。
満足度調査
(J.D.パワー)
  • 加入時の満足度・・・25社中11位
  • 保全手続き満足度・・・19社中18位
  • 請求対応満足度・・・21社中9位
※ランクインした保険会社中の順位。

苦情の発生率は、平均よりやや高いです。苦情はやや多いものの、多すぎるというほどではない(そのことを理由して、切り捨てるほどではない)、というところでしょうか。

満足度調査の結果によると、加入するときと、保険金・給付金を請求するときの満足度はまずまず高いです。
一方、保全手続き(名義変更、住所変更、保障内容の変更など)の満足度はとても低いです。

保全手続きの満足度が低いということは、契約内容変更の手続きがわかりにくい、手続きに時間がかかりすぎる、手続きしたのに反映されない、などが考えられます。
加入するときの商品説明に虚偽があるとか、保険金を支払わない、というような問題に比べると、許せる範囲かもしれません。

そういう意味で、不信感を抱くほどの、大きな問題はなさそうです。ただ、全体的な印象として、サービス品質の高い保険会社、とは言いにくいです。

アフラックは3タイプの医療保険を販売しています。それぞれの医療保険について、詳しくご案内します。

アフラックは3タイプの医療保険を販売しています。
商品のロゴをクリック(タップ)すると、それぞれの詳しい説明、評価、お勧めプラン、競合商品などのページに移動します。

健康な男女を対象にした、主力商品です。
入院保障、入院前後の通院、三大疾病や七大生活習慣病のための保障強化など。
上の『医療保険EVER Prime』をもとに、女性特有の病気に手厚くした医療保険。
※工事中
持病既往症のある方のための医療保険。
※工事中