解約失効率ワーストランキング

解約失効率ワーストランキング

解約失効率を見れば、保険会社や商品に対する顧客満足度がわかります。

生命保険各社は、毎年度解約失効率(保有している契約における、解約失効の割合)を公表しています。

解約は生命保険契約を打ち切ること、失効は生命保険契約が無効になって(保険料未払い等)、そのまま消滅することを指します。

つまり、いったんは気に入って加入したものの、続ける意欲が無くなった人の割合が解約失効率です。

言い換えると、解約失効率は、加入者の顧客満足度を表す、生のデータと言えます。

そこで、公表されている解約失効率を集計して、生命保険会社のランキングを作成しました。

2019年度の生命保険各社決算データにもとづく、2020年度版解約失効ワーストランキングをご覧ください。

個人保険の解約失効率の業界平均(5.18%)を1.0として、解約・失効が1.3以上の保険会社をランキングにしました。

下表で解約失効率が2.0なら、解約失効が業界平均の2倍発生していることを示します。

【解約失効ワーストランキング】

順位 会社名 解約
失効率
1位 エヌエヌ生命 2.5
2位 楽天生命 2.5
3位 マニュライフ生命 2.2
4位 ニッセイ・ウェルス生命 2.2
5位 カーディフ生命 1.9
6位 SBI生命 1.8
7位 みどり生命 1.5
8位 メディケア生命 1.5
9位 アクサダイレクト生命 1.4
10位 プルデンシャル生命 1.4
11位 大同生命 1.4
12位 オリックス生命 1.4
13位 太陽生命 1.3

※印の会社は、特定のジャンルに特化している保険会社です。エヌエヌ生命大同生命マニュライフ生命は法人向け保険、カーディフ生命は住宅ローン保険、その他は変額保険・外貨建て保険のような投資性の保険に特化しています。

かんぽ生命、日本生命、明治安田生命、第一生命、住友生命のような大手生保の名前はありませんね。

そういう会社の方が、アフターサービスがしっかりしているのでしょうか?

大手生保の方が歴史が長いので、すでに保険料払込期間が終わっている加入者の比率が高いです。

そういう方々は保険を解約しにくいので、その分大手生保の方が有利と言えます。

3つの基準で選定したおすすめの生命保険会社は、こちらをご覧ください。

このサイトでは、「苦情発生率」「解約失効率」「新規契約率」の3つを基準に、いい保険会社、危ない保険会社を判定しています。

それぞれのワーストランキングは、以下のリンクからご覧いただくことができます。

また、3つの基準をクリアした良い生命保険会社は、おすすめの生命保険会社でご案内しています。