苦情発生率ワーストランキング

苦情発生率ワーストランキング

生命保険協会の統計データから、苦情が多い生命保険会社を調べました。もっとも信用できる評判・口コミ情報です。

業界団体である生命保険協会が、生命保険各社の苦情件数を公表しています。

各社が受け付けた件数と、協会が受け付けた件数を公表していますが、参考になるのは後者です。

というのは、苦情かどうかを判定する基準が統一されているからです。

ただし、件数をそのまま比べても、苦情の多い少ないを判断できません。会社によって、保有する契約件数が異なるからです。

そこで、生命保険各社の、苦情発生率(保有する契約件数に対する苦情件数の割合)を算出し、比較しました。

2019年度の統計にもとづく、2020年度版苦情発生率ワーストランキングをご覧ください。

生命保険協会が受け付けた苦情件数を、それぞれの会社の保有契約件数(個人保険)で割って苦情発生率を算出し、ランキングにしました。

苦情発生率の業界平均を1.0として、1.3より多い保険会社をランキングにしました。

下表で苦情発生率が2.0なら、業界平均より2倍苦情が発生しています。

【苦情ワーストランキング】

順位 会社名 苦情
発生率
1位 カーディフ生命 20.4
2位 アクサダイレクト生命 4.6
3位 ソニーライフ・ウィズ生命 3.7
4位 ニッセイ・ウェルス生命 3.5
5位 SBI生命 3.4
6位 マニュライフ生命 2.9
7位 大樹生命 2.7
8位 クレディ・アグリコル生命 2.4
9位 楽天生命 2.2
10位 第一フロンティア生命 1.9
11位 かんぽ生命 1.7
12位 アクサ生命 1.3
13位 オリックス生命 1.3
14位 明治安田生命 1.3
15位 住友生命 1.3

※印の会社は、特定のジャンルに特化している保険会社です。カーディフ生命は住宅ローン保険、その他は変額保険・外貨建て保険のような投資性の保険に特化しています。

やっぱり、変額保険や外貨建て保険は、トラブルになるリスクが大きいのですね。

苦情の原因が、加入者の側にある場合もあります。

しかし、加入者は保険の素人ですから、誤解や理解不足が起きないようにすることも、保険会社の務めです。

苦情が多い会社は、「商品が分かりにくい」「販売時の説明が不十分」「アフターサービスが不十分」などが考えられます。

苦情の中でも、保険金支払いに関する苦情が多い生命保険会社は、要警戒です。

生命保険協会の統計データでは、苦情の内訳も公表されています。

内訳には以下があります。

  • 新契約関係(保険の販売や加入手続き)
  • 収納関係(保険料の受領)
  • 保全関係(契約の変更、更新、解約等)
  • 保険金・給付金関係(お金の支払い)
  • その他

このうち、特に警戒したいのが、「保険金・給付金関係」の苦情が多い保険会社です。

保険に入るのは、いざというときに保険金や給付金をもらうためです。そこでのトラブルは最悪です。

上のワーストランキングに登場した保険会社のうち、「保険金・給付金関係」の苦情が多いのは以下です。

( )内の数字は、苦情件数に占める、「保険金・給付金関係」の苦情件数の割合です。

  • カーディフ生命(100%)
  • アクサダイレクト生命(80%)
  • SBI生命(75%)
  • 楽天生命(57.5%)
  • オリックス生命(60.9%)

保険金をもらうために、長年保険料を払い続けたのに、期待通りに保険金をもらえないと、ショックですね!

3つの基準で選定したおすすめの生命保険会社は、こちらをご覧ください。

このサイトでは、「苦情発生率」「解約失効率」「新規契約率」の3つを基準に、いい保険会社、危ない保険会社を判定しています。

それぞれのワーストランキングは、以下のリンクからご覧いただくことができます。

また、3つの基準をクリアした良い生命保険会社は、おすすめの生命保険会社でご案内しています。